これだけでOK! AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト試験突破講座(SAA-C02試験対応版)
4.2 (5,588 ratings)
Course Ratings are calculated from individual students’ ratings and a variety of other signals, like age of rating and reliability, to ensure that they reflect course quality fairly and accurately.
23,673 students enrolled

これだけでOK! AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト試験突破講座(SAA-C02試験対応版)

【SAA-C02試験版にアップデート】アソシエイト試験突破に必要な経験と知識を600ページ以上の理論学習、20サービス以上のハンズオン、3回分の模擬テストで獲得していきます! 網羅的にAWSを利用していく基礎力を身に着けることが可能です!
Bestseller
4.2 (5,601 ratings)
Course Ratings are calculated from individual students’ ratings and a variety of other signals, like age of rating and reliability, to ensure that they reflect course quality fairly and accurately.
23,694 students enrolled
Last updated 5/2020
Japanese
Current price: $64.99 Original price: $99.99 Discount: 35% off
11 hours left at this price!
30-Day Money-Back Guarantee
This course includes
  • 22.5 hours on-demand video
  • 75 downloadable resources
  • 2 Practice Tests
  • Full lifetime access
  • Access on mobile and TV
  • Certificate of Completion
Training 5 or more people?

Get your team access to 4,000+ top Udemy courses anytime, anywhere.

Try Udemy for Business
What you'll learn
  • AWSの主要サービスを利用したインフラ構築が実施できるようになります。
  • クラウドとAWSの基礎知識を学習できます。
  • AWSを利用したアーキテクチャ設計ができるようになります。
  • SSHによるサーバー操作ができるようなります。
  • 最適なデータベース選択ができるようになります。
  • AWS認定ソリューションアーキテクトアソシエイト試験に合格できる知識レベルを獲得できます。
Requirements
  • 前提知識なく学生や新入社員などの初心者でも取り組むことができます。
Description

<2020年3月23日に始まったSAA-C02試験対応版版にアップデートしました!!>

ITシステムやアプリケーション構築する際に「クラウドファースト」というのが当たり前になっています。
そのクラウドの中で最もシェアが高く世界中で利用されているのがAWSです。AWSの機能を基準にしてクラウドやオンプレミス環境との機能やコスト比較することがIT構築で必須となっているのが現在のIT業界の位置づけです。よって、AWSの知識があることがインフラエンジニアだけでなく、あらゆるプログラマーやSE、ITコンサルタントまでに至るまで必須となっています。

本講座は全てのIT従事者にとって必須となるAWSの基本資格「AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト試験」を合格を目指し、そのための知識や経験を獲得できるように設計されています。

この講座を通して、AWSの知識とノウハウを獲得し、「AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト試験」を突破しましょう!!


株式会社Edutech Global 担当講師

Who this course is for:
  • IT企業の新入社員
  • IT企業の全レイヤーの方(営業/インフラ/WEB/業務系など)
  • アプリ開発に関わるベンチャー社員様
  • ITコンサルタント
  • クラウドやAWSを初めて学ぶ方
Course content
Expand all 155 lectures 22:19:06
+ まずは知ってみる
5 lectures 37:29

このレクチャーでは本講座の目的やコンテンツの概要について説明します。

Preview 07:26

まず初めに本講義の目標レベルを確認するために、アソシエイト試験の本番レベルのテストを3問実施して、難易度や内容を確認しましょう!

※確認が不要な方はスキップしてください。

アソシエイト試験お試しテストによるゴール確認
3 questions

このレクチャーでは、AWSアカウントを登録していただきます。

Preview 05:14

このレクチャーでは、AWSサービスを実感してもらうために簡単にEC2インスタンスを起動してサーバを構築していただきます。

Preview 16:38

このレクチャーでは、MACの方向けにTerminalを利用したサーバー接続方法を確認していきます。

Preview 03:47

このレクチャーでは、Linuxサーバーの操作で必須となるSSHコマンドの基礎を学習します。

Preview 04:24
+ Day1対応の実施
4 lectures 33:58

このレクチャーでは、AWSアカウント登録後に最初に実施すべき対応を完了していただきます。

Preview 06:21

このレクチャーでは、AWSアカウント登録後に最初に実施すべき対応を完了していただきます。

Preview 08:09

このレクチャーでは、AWSアカウント登録後に最初に実施すべき対応を完了していただきます。

Preview 08:33

このレクチャーでは、AWSアカウント登録後に最初に実施すべき対応を完了していただきます。

Preview 10:55
+ AWSとアソシエイト試験の概要
3 lectures 01:04:45

このレクチャーでは、AWSの基本的な構築方法や操作方法などの仕組みについて学習します。

Preview 23:08

このレクチャーでは、本講座の目的の1つであるアソシエイト試験の内容について理解します。

アソシエイト試験概要
12:08

このレクチャーでは、AWSが提供するサービス全体像を把握した上で、アソシエイツ試験範囲を確認します。

AWSの全体像
29:29
+ IAM
10 lectures 01:03:11

このレクチャーでは、IAMの基本的な機能や仕組みについて理解します。

IAMの概要
16:02

このレクチャーでは、実際に会社などの組織でIAM設計を行う場合を想定した簡単なケーススタディを実施します。

IAM設計
05:36

このレクチャーでは、IAMポリシーを作ってIAMグループに適用するハンズオンを実施します。

IAMグループへのポリシー適用
03:41

このレクチャーでは、IAMポリシーを作ってIAMグループに適用するハンズオンを実施します。

IAMグループへのポリシー適用(ハンズオン)①
10:59

このレクチャーでは、IAMポリシーを作ってIAMグループに適用するハンズオンを実施します。

IAMグループへのポリシー適用(ハンズオン)②
02:40

このレクチャーでは、IAMポリシーを作ってIAMロールに適用するハンズオンを実施します。

IAMロールへのポリシー適用
01:40

このレクチャーでは、IAMポリシーを作ってIAMロールに適用するハンズオンを実施します。

IAMロールへのポリシー適用(ハンズオン)
06:10

このレクチャーでは、AWS Organizationの内容と基本的な機能や役割を理解します。

AWS Organizationsの概要
03:39

このレクチャーでは、AWS Organizationの設定のハンズオンを実施します。

AWS Organizationsの設定(ハンズオン)
11:10

このレクチャーでは、IAMのセクションを振り返っていきます。

IAMのまとめ
01:34

IAMに関する理解をアソシエイト試験形式のテストで確認します。ただし、理解促進と慣れを目的としており、本番試験よりも基本的な内容の問題となります。

IAMテスト
10 questions
+ EC2
8 lectures 01:09:57

このレクチャーでは、EC2の基本的な機能や仕組みについて理解します。

EC2の概要
18:49

このレクチャーでは、EC2インスタンスを立ち上げた上でWEBサーバーとしての起動し、WEBサイトを表示させます。

EC2でWEBサーバーを立ち上げる(ハンズオン)
12:50

このレクチャーでは、EC2インスタンスのIPアドレスを固定する方法を実践します。

Elastic IPの設定(ハンズオン)
05:18

このレクチャーでは、Bashシェルスクリプトを利用したEC2インスタンスの起動時の自動設定を実践します。

Bashコマンドによる設定
09:53

このレクチャーでは、EBSの基本的な機能や仕組みについて理解します。

EBSの概要
07:41

このレクチャーでは、AMIとSnapshotを利用したEC2インスタンスの複製・復元方法を実践します。

AMIとSnapshotの活用(ハンズオン)①
07:34

このレクチャーでは、AMIとSnapshotを利用したEC2インスタンスの複製・復元方法を実践します。

AMIとSnapshotの活用(ハンズオン)②
05:57

このレクチャーでは、EC2のセクションを振り返っていきます。

EC2のまとめ
01:55

EC2に関する理解をアソシエイト試験形式のテストで確認します。ただし、理解促進と慣れを目的としており、本番試験よりも基本的な内容の問題となります。

EC2テスト
10 questions
+ VPC
14 lectures 01:30:37

このレクチャーでは、VPCの基本的な機能や仕組みについて理解します。

VPCの概要
15:28

このレクチャーでは、VPCと外部機器やVPC同士などの接続方法について理解します。

VPCとの接続
10:32

このレクチャーでは、今回ハンズオンで実施するVPC構成の設計を確認します。

VPCの設計
03:58

このレクチャーでは、VPCにパブリックサブネットとプライベートサブネットを設置する構成を作成します。

VPCとサブネットを設定する(ハンズオン)①
08:41

このレクチャーでは、VPCにパブリックサブネットとプライベートサブネットを設置する構成を作成します。

VPCとサブネットを設定する(ハンズオン)②
04:15

このレクチャーでは、設置したサブネットにサーバーを設置してサーバー間通信の設定を行います。

VPC/サブネットにサーバーを設定する(ハンズオン)①
05:40

設置したサブネットにサーバーを設置してサーバー間通信の設定を行います。

VPC/サブネットにサーバーを設定する(ハンズオン)②
06:50

このレクチャーでは、設置したサブネットにサーバーを設置してサーバー間通信の設定を行います。

VPC/サブネットにサーバーを設定する(ハンズオン)③
08:44

このレクチャーでは、ネットワークACLによるアクセス制御で特定のIPアドレスからのアクセスを拒否する設定を行います。

ネットワークACL(ハンズオン)①
04:54

このレクチャーでは、ネットワークACLによるアクセス制御で特定のIPアドレスからのアクセスを拒否する設定を行います。

ネットワークACL(ハンズオン)②
06:17

このレクチャーでは、プライベートサブネットにあるDBサーバーからS3に対して、エンドポイントを通してアクセスする設定を行います。

VPCエンドポイント(ハンズオン)①
04:27

このレクチャーでは、プライベートサブネットにあるDBサーバーからS3に対して、エンドポイントを通してアクセスする設定を行います。

VPCエンドポイント(ハンズオン)②
05:20

このレクチャーでは、VPCのトラフィックデータのログ取得する設定を行います。

VPC Flow Logs
03:14

このレクチャーでは、VPCのセクションを振り返っていきます。

VPCのまとめ
02:17

VPCに関する理解をアソシエイト試験形式のテストで確認します。ただし、理解促進と慣れを目的としており、本番試験よりも基本的な内容の問題となります。

VPCテスト
10 questions
+ S3
13 lectures 01:50:17

このレクチャーでは、S3の基本的な機能や仕組みについて理解します   

S3の概要
24:30

このレクチャーでは、S3の様々な活用方法についてユースケースを確認します。

S3の用途
04:40

このレクチャーでは、S3バケットを作成して、その操作方法や様々な設定方法について理解します。

S3バケットの作成と操作(ハンズオン)
16:20

このレクチャーでは、S3のプロパティ機能の1つであるバージョニングを利用したバージョン管理を設定します。

S3のバージョン管理(ハンズオン)
05:40

このレクチャーでは、S3の管理機能の1つであるライフサイクルを利用したオブジェクトのライフサイクルを設定します。

S3のライフサイクル管理(ハンズオン)
07:49

このレクチャーでは、EC2インスタンスを起動して、S3に接続してデータを取得していきます。

EC2からのS3ファイルの取得(ハンズオン)
07:18

このレクチャーでは、S3をコマンドラインから操作するために、AWS CLIをインストールして利用方法を確認します。

AWS CLIの導入(ハンズオン)①
05:33

このレクチャーでは、S3をコマンドラインから操作するために、AWS CLIをインストールして利用方法を確認します。

AWS CLIの導入(ハンズオン)②
03:56

このレクチャーでは、リージョン間を跨いでデータのレプリケーションを実行する設定を行い実行結果を確認します。

リージョン間を跨いだレプリケーション(ハンズオン)
12:51

このレクチャーでは、S3のプロパティ機能の1つである静的ホスティングを利用したWEBサイトを構築します。

静的ホスティングの活用 (ハンズオン)
04:55

このレクチャーでは、ここまでに確認していないその他のプロパティ機能の利用方法を確認していきます。

S3のプロパティ活用(ハンズオン)
07:01

このレクチャーでは、S3と外部環境とのデータ転送方法に係るサービスを理解します。

S3の外部接続
07:39

このレクチャーでは、S3のセクションを振り返っていきます。

S3のまとめ
02:05

S3に関する理解をアソシエイト試験形式のテストで確認します。ただし、理解促進と慣れを目的としており、本番試験よりも基本的な内容の問題となります。

S3テスト
10 questions
+ Well Architected Framework
10 lectures 57:58

このレクチャーでは、リージョン・AZ・VPCを利用したAWSの基本的なアーキテクチャ設計を確認します。

AWSアーキテクチャ設計の基礎
09:15

このレクチャーでは、AWSが推奨するアーキテクチャ設計ガイドラインであるWell-Architected Frameworkを確認します。

Well-Architected Framework
25:45

このレクチャーでは、AWSが提供する11のベストプラクティスから設計ポイントを確認します。

AWSベストプラクティス
11:42

このレクチャーでは、AWSのアーキテクチャ設計に関するケーススタディにより実践的な理解を深めます。

AWS設計ケーススタディ①
01:32

このレクチャーでは、AWSのアーキテクチャ設計に関するケーススタディにより実践的な理解を深めます。

AWS設計ケーススタディ①(回答)
03:51

このレクチャーでは、AWSのアーキテクチャ設計に関するケーススタディにより実践的な理解を深めます。

AWS設計ケーススタディ②
01:18

このレクチャーでは、AWSのアーキテクチャ設計に関するケーススタディにより実践的な理解を深めます。

AWS設計ケーススタディ②(回答)
01:09

このレクチャーでは、AWSのアーキテクチャ設計に関するケーススタディにより実践的な理解を深めます。

AWS設計ケーススタディ③
01:08

このレクチャーでは、AWSのアーキテクチャ設計に関するケーススタディにより実践的な理解を深めます。

AWS設計ケーススタディ③(回答)
00:47

このレクチャーでは、Well Architected Frameworkのセクションについて振り返っていきます。

Well Architected Frameworkのまとめ
01:31
+ 信頼性の設計
19 lectures 02:30:43

このレクチャーでは、Well Architected Frameworkの1つの原則である信頼性を実現するための基本的なアーキテクチャ設計について理解します。

信頼性の確保
05:33

このレクチャーでは、信頼性の重要な要素である高可用性について、その理論とAWSで実現する基本的なアーキテクチャ設計について理解します。

高可用性の確保
09:20

このレクチャーでは、今回ハンズオンで実施していただく信頼性の高いアーキテクチャ設計を確認します。

信頼性の高いアーキテクチャ構築の実践
03:08

このレクチャーでは、AWSのロードバランサ―サービスであるELBの基本的な機能や仕組みについて理解します。

ELBの概要
12:31

このレクチャーでは、ELBによるマルチAZ構成でのロードバランシングをEC2に実現します。

ELBによる冗長構成(ハンズオン)①
07:51

このレクチャーでは、ELBによるマルチAZ構成でのロードバランシングをEC2に実現します。

ELBによる冗長構成(ハンズオン)②
09:15

このレクチャーでは、ELBによるマルチAZ構成でのロードバランシングをEC2に実現します。

ELBによる冗長構成(ハンズオン)③
03:27

このレクチャーでは、ELBによるマルチAZ構成でのロードバランシングをEC2に実現します。

ELBによる冗長構成(ハンズオン)④
07:25

このレクチャーでは、EC2のスケーラビリティを実現するAuto-Scalingの基本的な機能や仕組みについて理解します。

Auto-Scalingの概要
13:13

このレクチャーでは、ELBによるEC2構成に対してAuto-Scalingを適用する設定を行います。

Auto-Scalingの設定(ハンズオン)①
10:07

このレクチャーでは、ELBによるEC2構成に対してAuto-Scalingを適用する設定を行います。

Auto-Scalingの設定(ハンズオン)②
08:54

このレクチャーでは、ELBによるEC2構成に対してAuto-Scalingを適用する設定を行います。

Auto-Scalingの設定(ハンズオン)③
06:33

このレクチャーでは、RDSの基本的な機能や仕組みについて理解します。

RDSの概要
08:24

このレクチャーでは、RDSを使ってマルチAZでのマスタスレーブ構成を実現します。また、スナップショットやバックアップからの復元も実施します。

RDSによるマスタスレーブ構成の構築(ハンズオン)①
22:35

このレクチャーでは、RDSを使ってマルチAZでのマスタスレーブ構成を実現します。また、スナップショットやバックアップからの復元も実施します。

RDSによるマスタスレーブ構成の構築(ハンズオン)②
07:48

このレクチャーでは、RDSを使ってマルチAZでのマスタスレーブ構成を実現します。また、スナップショットやバックアップからの復元も実施します。

RDSによるマスタスレーブ構成の構築(ハンズオン)③
05:21

このレクチャーでは、RDSを使ってマルチAZでのマスタスレーブ構成を実現します。また、スナップショットやバックアップからの復元も実施します。

RDSによるマスタスレーブ構成の構築(ハンズオン)④
03:16

このレクチャーでは、RDSを利用してリードレプリカにスケーラビリティを実現させた上で、フェイルオーバーを実行して試してみます。

RDSのリードレプリカとフェイルオーバー(ハンズオン)
04:22

このレクチャーでは、信頼性の設計のセクションについて振り返っていきます。

信頼性の設計のまとめ
01:40

信頼性に関する理解をアソシエイト試験形式のテストで確認します。ただし、理解促進と慣れを目的としており、本番試験よりも基本的な内容の問題となります。

信頼性テスト
20 questions
+ Route53
14 lectures 01:31:20

このレクチャーでは、AWSのDNSサービスであるRoute53の基本的な機能と仕組みを理解します。

Route53の概要
14:31

このレクチャーでは、ドメインを登録していただきホストゾーンを設定します。

ホストゾーンの設定(ハンズオン)
05:44

このレクチャーでは、シンプルルーティングを設定しRoute53のレコードに基づいた静的なルーティングを実現します。

シンプルルーティング(ハンズオン)①
03:49

このレクチャーでは、シンプルルーティングを設定しRoute53のレコードに基づいた静的なルーティングを実現します。

シンプルルーティング(ハンズオン)②
10:43

このレクチャーでは、加重ルーティングを設定し重み付けの高いエンドポイントに多くルーティング設計を実現します。

加重ルーティング(ハンズオン)
03:29

このレクチャーでは、レイテンシールーティングを設定しリージョン間の遅延が少ない方へルーティングされる設計を実現します。

レイテンシールーティング(ハンズオン)
02:57

このレクチャーでは、位置情報ルーティングを設定し特定の地域・国からのDNSクエリに対して、特定のアドレスを応答する設計を実現します。

位置情報ルーティング(ハンズオン)
02:24

このレクチャーでは、マルチバリュールーティングを設定しIPアドレス単位でヘルスチェックを実施してルーティングする設計を実現します。

マルチバリュールーティング(ハンズオン)
07:34

このレクチャーでは、フェイルオーバを実現するためのマルチリージョン構成を設計します。

フェイルオーバー構成の設計
02:25

このレクチャーでは、フェイルオーバールーティングを設定し、2つのリージョンにスタンバイ構成を実現した上で、リージョン間を跨いだフェイルオーバを実現します。

フェイルオーバの実現(ハンズオン)①
10:22

このレクチャーでは、フェイルオーバールーティングを設定し、2つのリージョンにスタンバイ構成を実現した上で、リージョン間を跨いだフェイルオーバを実現します。

フェイルオーバの実現(ハンズオン)②
11:15

このレクチャーでは、フェイルオーバールーティングを設定し、2つのリージョンにスタンバイ構成を実現した上で、リージョン間を跨いだフェイルオーバを実現します。

フェイルオーバの実現(ハンズオン)③
09:49

このレクチャーでは、フェイルオーバールーティングを設定し、2つのリージョンにスタンバイ構成を実現した上で、リージョン間を跨いだフェイルオーバを実現します。

フェイルオーバの実現(ハンズオン)④
04:28

このレクチャーでは、Route53のセクションを振り返っていきます。

Route53のまとめ
01:50

Route53に関する理解をアソシエイツ試験形式のテストで確認します。ただし、理解促進と慣れを目的としており、本番試験よりも基本的な内容の問題となります。

Route53テスト
5 questions