After Effects Class 初めてでも安心!現役クリエイターが教える動画コンテンツ制作術
4.4 (1,672 ratings)
Course Ratings are calculated from individual students’ ratings and a variety of other signals, like age of rating and reliability, to ensure that they reflect course quality fairly and accurately.
11,157 students enrolled

After Effects Class 初めてでも安心!現役クリエイターが教える動画コンテンツ制作術

「5G」時代に向けて動画広告市場はTV広告市場を超える勢いです。歌手が音楽PVを持つように、会社が企業PVを持つ時代になります。動画スキルがあれば個人でもあらゆる分野で活躍することになるでしょう。アフターエフェクツでチャンスを掴んでください
Bestseller
4.4 (1,672 ratings)
Course Ratings are calculated from individual students’ ratings and a variety of other signals, like age of rating and reliability, to ensure that they reflect course quality fairly and accurately.
11,157 students enrolled
Created by OMOKAGE TV
Last updated 1/2020
Japanese
Current price: $114.99 Original price: $164.99 Discount: 30% off
5 hours left at this price!
30-Day Money-Back Guarantee
This course includes
  • 11 hours on-demand video
  • 3 articles
  • 9 downloadable resources
  • Full lifetime access
  • Access on mobile and TV
  • Certificate of Completion
Training 5 or more people?

Get your team access to 4,000+ top Udemy courses anytime, anywhere.

Try Udemy for Business
What you'll learn
  • After Effects制作ゼロから書き出しまで基礎全般
  • アニメーションキーフレームを習得します
  • エフェクトの使い方を習得します
  • モーショングラフィックス入門
  • エクスプレッション入門
  • パーティクル入門
  • 3Dカメラトラッカーを使った実写合成(VFX)を作ります
  • 実際に現場で使用しているテクニックを学びます
  • 動画スキルを習得することで自社または個人メディアのブランディングを図れます
  • PremiereProとAfterEffectsの連携方法も学べます
Requirements
  • Windows / Mac
  • AdobeCreativeCloud(体験版可能)
  • After Effects CC(体験版可能)
  • Premiere Pro(一部のレクチャーで使用しますが、必須ではありません)
  • Illustrator(一部のレクチャーで使用しますが、必須ではありません)
  • PCWEBカメラ(一部のレクチャーで使用しますが必須ではありません)
Description

-- 2019/11/25 更新内容 --
・Q&Aご回答動画追加
・エクスプレッション入門 セクション追加
・AE標準Particle(パーティクル)の使い方 セクション追加
・レクチャー数100本突破
これからも様々なご意見ご要望を反映致します。
---------------


こんにちは!

□準備はいいですか?
After Effects CC にて進めてゆきます。
(CS6のお持ちの方も受講可能ですが、ワークエリアが多少異なるのと、一部不可のレクチャーもございます。極力CCにて受講検討頂けますようにお願い致します)

この講座でAfterEffectsの成しえる技を学べば、
あなたの動画のクオリティを上げる事ができるでしょう。

これからの時代の動画マーケティングを勝ち抜く術を教えます。

ずばり、ブログや記事、小難しい書籍を動画化させましょう。
そして、映像技術を上げることで発想力企画力をUPさせます。

IT業界でトップに君臨する優れた経営者は、元プログラマーが多いです。
クリエイターも同じことが言えます。
共通するのは、自身のアイディアを自らの手で生み出すことができる。
これからの主力市場”動画産業”を制するのはあなたかもしれません。

□なぜAfter Effectsの使い方を教えようと思ったのか?
オリジナリティを最大限に引き出せるソフトがAfter Effectsです。
技術を習得することで、いかに作れる動画の幅が広がるか?
それを少しでも多くの方に知ってもらいたくこの講座を作りました。
人に羨ましいと思われるだけでなく、プログラマーは強しと同じように高度な映像編集スキルを
手に入れたら、自身の収入を底上げするきっかけにもなります。
私自身、プログラミングもそうですが、After Effectsを習得したことで人生が変わりました。

□どんな人にオススメ?
・After Effectsを使う必要が差し迫っている人へ
・未経験でAfter Effectsをやってみたい人
iMovie以上の動画を作りたい人
・企業で動画コンテンツを導入(外注せず自社完結)したい

※本コース内容はAnimationに重点をおいております。
上記はVFX(特殊効果)、実写合成、そしてモーショングラフィック
ほぼ全てに”キーフレーム”というものが関係してきます。
そのキーフレームを制するには、Animationをマスターすることで、効率よく自身のスキルに身につける近道になると考えています。

※本コースは、初心者向けに解説しておりますが、最低限の動画編集の経験がある方対象です。
全てが初めての方は、別途コースをご用意しておりますので、そちらを受講して頂いた後に受講することをお勧めいたします。

□この講座を受講する事で何ができるようになるのか?ゴールは何か。
・モーショングラフィックや実写合成を自分で作り出す事ができるようになります。
・質の高い動画を作る為に、自分の中のイメージを実際に表現できる力をつける。
価値あるスキルを手に入れられます

動画が活用されているこの時代に、動画を仕事の一つとして捉えていきませんか。

他のところで学ぶとなると、それなりに値が張るような講座内容を、私なりにわかりやすく噛み砕いてお伝えしています。
本格的に勉強したいけれど、大金を出してやり遂げられるか、どれほど価値のあるものを学べるのか、など、

一歩踏み出すのに躊躇している方、お試し感覚でわかりやすくAfter Effectsについて学べる内容となっています。

それでは、、、コース内でお待ちしております。
by OMOKAGETV

※この講座に興味は持ったけれども、本当に自分の役に立つ内容なのか、ちょっと心配…という方、受講前に質問・疑問を持たれましたら、質問・疑問もお受けいたします。
※プロジェクトをDLする際はバージョン違いにご注意ください。
※支給素材に関して、macとWinでのファイル名文字化けを避ける為、一部のファイル名は英語になっています。予めご了承ください。動画内容との違いはございません。

Who this course is for:
  • 動画コンテンツ制作を自社内完結にしたい企業様
  • After Effects使いの動画クリエイターになりたい方
  • After Effects 未経験者/初心者
  • イラストレーター/デザイナー
  • Udemyで一味違う動画演出を加えたい方
  • YouTuberの方
Course content
Expand all 117 lectures 10:54:49
+ 本コース概要
2 lectures 13:37

Adobe Creative Cloud(通称CC)をダウンロードし、CCよりAfterEffectsをインストールします。
余裕がありましたら、illustratorもインストールしましょう。
ver2017にも対応していきます。

Preview 07:48

本コースの進め方についてご案内致します

本コース概要
05:49
+ 【基本】AfterEffects使い方を学ぶ
9 lectures 51:41

実際にAEワークスペースを画面共有しながら解説いたします。

AfterEffectsCCの画面レイアウト解説
08:32

コンポジションは、動画を構成するためのものです。作っていく全ての要素をここに入れていきます。

映像の土台コンポジションの新規作成をする
01:40

コンポジションを書き出す事で一つの動画が完成します

#1コンポジション解説
08:52

コンポジション作りのパターンを覚えます

#2コンポジション解説
01:43

映像・画像・音楽、素材の読み込み方法を行います
※Illustrator/Photoshop素材読み込みは追ってやっていきます

AfterEffectsに画像または映像素材に入れてみよう
02:00

初心者から脱却!レイヤーの考え方を学びます

AdobeCreativeCloud共通!レイヤーとは!?
03:31

トランスフォームは全てのレイヤーにあります。
例えば、一つの画像があった時に
トランスフォームを開くと”アンカーポイント,位置,スケール,回転,不透明度”が中にあります。
それぞれの値を変える事で、「動き」がつきます。
これがアニメーションやVFXの第一歩です

トランスフォーム動きの基本を学ぶ
05:41

AEの操作、マウスとトラップパッドを使った基本操作の復習です

AfterEffects操作方法
12:40

ご挨拶です。気になること、ご要望、挫折しかけたら、お気軽にご連絡ください

途中ご挨拶
07:02
+ 【基本】ワークスペースのタイムパネルを理解する
7 lectures 22:31

このセクションでやることをご紹介します

イントロ_タイムパネル
00:45

前半_Ae編集メインとなるタイムパネルについて解説します

#1タイムラインを学びましょう
05:18
【重要】モードとトラックマットの表示について(cc2020~)
00:38

後半_Ae編集メインとなるタイムパネルについて解説します

#2タイムラインを学びましょう
06:58

動きのリアルさを表現するのに必要なのが「モーションブラー」

モーションブラー
02:35

3Dレイヤーを有効にする事で、平面を超えた三次元でモノつくりが可能になります。
これで、Ae独自の表現とワンランク上の動画にする事ができます。

3Dレイヤー
02:31

意外に使える親子づけ方法
特にキャラクターアニメーションの際は大いに役立ちます。

親子紐付け
03:46
+ 【習得】Basic Animation
4 lectures 19:00

このセクションでやることをご紹介します

Preview 00:53

いよいよキーフレームを使ったアニメーション実践に入ります。
平面レイヤーを背景代わりに、まずはデザインを作ります。

Animation_準備
04:08

動きをつける為にキーフレームを打っていきます。
その後に、イージーイースというものにキーフレームを設定し、動きに”緩急”をつけます。
これが素人っぽさをなくす技です。

Animation_キーフレーム
09:15

キーフレームレクチャーを元に、さらに動きを追加して
オリジナルテキストアニメーションを作ります。
やり方さえ覚えてしまえば、自身の動画タイトルなどにも応用できます。

Preview 04:44
+ 【習得】Shape Animation
6 lectures 39:04

このセクションでやることをご紹介します

イントロ_ShapeAnimation
01:08

シェイプはパス、線、塗りで構成されており、分かりやすくいうと、グラフィック(絵)です。
独自にグラフィックを作ってそれを動かす。
シェイプレイヤーは主に映像に入れる素材です。
Aeでは素材作りもソフト内でできてしまいます

シェイプレイヤー基本
07:13

ロゴアニメーションを作ろう!

シェイプアニメーションの初級編です。
実際によく見かけそうなものを一緒に作っていきます。

#1Shape Animation
05:25

ロゴアニメーションを作ろう!

キーフレームに緩急をつけていきます

#2Shape Animation
03:43

ロゴアニメーションを作ろう!

テキストをシェイプ(グラフィック)化する方法
ロゴアニメーション最後はブラッシュアップです

#3Shape Animation
05:37

シェイプレイヤーを使ったモーショングラフィックを作ります

シェイプレイヤーでモーショングラフィック
15:58
+ 【習得】Mask Animation
10 lectures 39:05

このセクションでやることをご紹介します

イントロ_MaskAnimation
00:39

マスクを使って、動画の一部のみを表示または、一部にエフェクト(効果)をつける事ができます
少しややこしい箇所ですが、使いこなせるといい事がたくさんあります

#1マスクとは!?
03:46

マスクについて更に細かく学んでいきます

#2マスクとは!?
05:22

ペンツールというものを使って、平面レイヤーを素材にクロップ(トリミング)させる技を覚えます。

ペンツールの活用方法
05:15

前半_マスクを使った簡単な「マスクアニメーション」を作っていきましょう

#1Mask Animation
04:08

後半_マスクを使った簡単な「マスクアニメーション」を作っていきましょう

#2Mask Animation
01:54

テスト課題です
マスクを使って線を中心に画面中央から、左右にテキストがスライドで表示させるアニメーションを作ってみましょう

【テスト課題】Mask Animation
04:35

マスク課題チュートリアル
基本動作を確認して、中心の線から作ります

#1Mask Animationチュートリアル
04:02

マスク課題チュートリアル
マスクを意識してテキストを作ります。

#2Mask Animationチュートリアル
03:43

マスク課題チュートリアル
最後、テキストをマスクで隠してアニメーションさせます

#3Mask Animationチュートリアル
05:41
+ 【基本】AfterEffects書き出し方法
5 lectures 11:35

このセクションでやることをご紹介します

イントロ_書き出し方法
00:39

AfterEffectsで書き出しの基本を覚えます
おおよそ、書き出し形式は
H.264/.mp4または.mov
ネット上にアップする場合は上記OKです

基本的な書き出し
04:31

背景透明書き出しをする事で、他の動画と合体させる事ができます
完了したアニメーションを単体で書き出して、たくさんのモーションテンプレートをストックすることも可能です

背景透明での書き出し
03:07

Adobe Media EncoderはAeに限らず、Prmiere proでも使えます。
映像を一貫して書き出せる、便利なソフトです

Media encoderを使った書き出し
02:52

映像編集をしていると、肩が凝りやすく目が疲れてきます。
そんなとき、好きな音楽を聞きコーヒーを一杯飲みましょう。
私のおすすめは、森林豊かな自然音とフラットホワイトです。

ちょっと休憩
00:26
+ 【復習】編集効率化ポイントをおさらいしましょう
3 lectures 17:32

AEに限らずAdobeソフトにはショートカットキーがたくさんあります。
AEでよく使うショートカットキーをまとめました

これだけは覚えておきましょう!ショートカットキー
07:03

書き出し設定によって、背景透明で書き出しを行うことができますが、
改めて、背景の考え方について理解を深めます

背景の考え方
03:57

平面レイヤーは、背景として敷くことも可能ですが、エフェクト(特殊効果)を適用させるレイヤーとしても
よく使います
その使い分をおさらいします。

平面レイヤーの扱い方
06:32
+ 【習得】モーショングラフィック入門
5 lectures 17:08

Illustratorやphotoshopのデータを読み込むとき、レイヤーを維持しながらインポートする方法について学びます

#1Illustratorデータ読み込みのポイント
04:24

ファイル→読み込み→コンポジション・レイヤーサイズを維持→イラレデータがそのまま読み込まれます

Illustratorデータ読み込みのポイント2/2
04:34

【テスト課題】イラレアニメを使ったアニメーション
支給素材を使って動画を作ってみましょう
コツは動かすレイヤーを分けて、それぞれアニメーションをさせる

【テスト課題】イラレアニメを使ったアニメーション
00:13

イラレデータ、レイヤーを維持したまま読み込みましょう
最初のキーフレームを作ります

#1モーショングラフイックチュートリアル
03:13

スケールの値を変えて、ポップアップ表現させます

#2モーショングラフイックチュートリアル
04:44
+ 【基本】表現力10倍!Basic 3Dカメラレイヤー
5 lectures 19:02

After effectsには3Dカメラレイヤーというのがあります。
3Dモード有効にしている素材に対して、3Dカメラは擬似的なカメラの動きを実現させる事ができます。
PC画面の中で撮影現場を作れます

#1 3Dカメラ操作基本
03:58

3Dカメラレイヤーを追加します
設定でお好みのカメラを導入できます
基本は標準レンズです。
レンズ35mm~50mm

#2 3Dカメラ操作基本
04:24

1ノードカメラと2ノードカメラ、両方の動きを見ていきます
ヌルオブジェクト(空のレイヤー)活用して少し高度な技を習得します

#3 3Dカメラ操作基本
03:28

カメラオプションは、一眼レフカメラで言う所の『背景ぼかし』を表現できます

#1 一眼カメラ特有背景ぼかしリアルに近づける
03:37

カメラオプション、フォーカス距離を操作してボケ味を変えてみる

#2 一眼カメラ特有背景ぼかしリアルに近づける
03:35