愛犬との暮らしに役立つ「7つの㊙テクニック」
0.0 (0 ratings)
Course Ratings are calculated from individual students’ ratings and a variety of other signals, like age of rating and reliability, to ensure that they reflect course quality fairly and accurately.
2 students enrolled

愛犬との暮らしに役立つ「7つの㊙テクニック」

「魔法のかけ方」シリーズ❸ 本当は秘密にしたいテクニックと理論  令和時代の新「育犬」マニュアル
New
0.0 (0 ratings)
Course Ratings are calculated from individual students’ ratings and a variety of other signals, like age of rating and reliability, to ensure that they reflect course quality fairly and accurately.
2 students enrolled
Created by 三島 毅
Last updated 5/2020
Japanese
Current price: $30.99 Original price: $44.99 Discount: 31% off
5 hours left at this price!
30-Day Money-Back Guarantee
This course includes
  • 1 hour on-demand video
  • Full lifetime access
  • Access on mobile and TV
  • Certificate of Completion
Training 5 or more people?

Get your team access to 4,000+ top Udemy courses anytime, anywhere.

Try Udemy for Business
What you'll learn
  • 相手は犬だからこれは無理かと諦めていた少しずつのズレを修正して今まで以上の豊かな愛犬との暮らしを手に入れます。
  • 子犬への基本的な接し方、必要な運動、人が「理解させること」犬が「理解すること」の重要なコツ。
  • 愛犬にどうやって教えるかより、あなたが愛犬にとって何が大切かを学ぶ姿勢が必要だと理解すること。
Requirements
  • コースを見ただけで「変わる」「できる」と思う人は購入をしないで下さい。新しい習慣はその行動を繰り返してこそ取り入れられます。
  • 生後2~6カ月の新しい愛犬との暮らしを始めたばかりの方
  • もっと良い関係は築けないだろうかと模索している向上心のある飼い主
Description

本にはなかなか書かれていない、ウェブ情報でも見かけない、だけど知っていると便利で愛犬との暮らしがワンランク・アップする内容を集めました。あえて「座れ」や「伏せ」などの「課目」は含めていません。

あなたと愛犬との「共に過ごす時間の豊かさ」に貢献することを第一に考えて編集しています。

あなたにとって喜ばしい愛犬の行動は、そう簡単に身につきません。

まして、困った行動を直すとは、困った行動をしなくなり、あなたのして欲しい行動をするように導くのです。

この文章をお読み下さっているという事は、改善を望み「学ぼう」となさっている素晴らしいお人柄です。

しかし、「学び」は「練習」より簡単です。

日頃のご相談を見ても、昔と違い「対応方法がわからない」ということで困っている方は減っているように思います。

逆に、あれもこれもと手をつけて滅茶苦茶に絡まり合っている感じですね。

こちらの方が困るのですが、、、。

そうならないためには、2つです。

1、間違った学びをしないこと。

2、繰り返し練習して、愛犬に新しい「習慣」を身に付けさせること。

この講座は、お一人でも、ご家族でも楽しく無理なく反復できるように内容を工夫しています。

サッと上手くいくお手本ばかりではなく、苦戦している場面も含めています。


根気強く、投げ出さずになさってください。


練習と思わず、愛犬と過ごす遊びであり、コミュニケーションだと思ってお過ごし下さい。


Who this course is for:
  • もう少し愛犬を理解したい人。
  • 愛犬との楽しいコミュニケーションを習得したい人。
  • 多くの本やネット情報を生かせる「柱」になるブレない考え方を身に付けたい犬の飼い主へ。
Course content
Expand 10 lectures 01:07:33
+ 本当は秘密にしたいテクニックと理論 愛犬との暮らしに役立つ「7つの㊙テクニック」講座
10 lectures 01:07:33

あなたは向上心があります。

この講座を選択して下さり感謝します。

そんなあなたへ伝えたい事があります。


「学習」は「繰り返し」よりも楽です。

今までできなかったのはこれを知らなかったから、もっと他に何か・・・。


学びは大切ですが、学び続けても大切な愛犬に変化はみられません。

まず学んだことを「繰り返す」ことを習慣化して下さい。


きっと新しい愛犬の可能性を目にすることができるようになるはずです。

Preview 01:13

もちろん性格は遺伝的な要素もあります。

それは「先天性」からの判断ですね。


しかし、成長と共に「経験」からも性格は変化します。

それを「後天性」といいます。


つまり、あなたがどのように愛犬と「触れ合ったか」により愛犬のあなたや人に対する考え方は大きく変わる可能性があるのです。

愛犬にとって最高の存在であることを印象付けましょう。

あなたの手元が一番安心であり、安全な場所なのだと理解させてあげましょう。


そうすれば、あなたの愛犬は喜んであなたの元へ来るのです。

そうです「呼んでも来ない」などありえません。

呼ばなくても常にそばにいることでしょう。


私の愛犬はそうです。

つぎに大好きな愛犬と身近につながる幸せを楽しむのはあなたではありませんか?

Preview 06:48

子犬ではトイレのトレーニングの関係もあり運動不足の心配があります。


でも、やたらと部屋を自由にするとあちこちで排泄してしまいます。


そして、将来好き勝手に歩き回るようにもなりますね。


そんなリスクや不安を解消する方法をあなたも学び、是非とも日々の生活に採用して、もっともっと愛犬との楽しい時間を持ちましょう。

短時間で、しっかりと遊びを通じて運動をおこない、同時に家族に加わるゲームを始めましょう!

Preview 06:05

多くの愛犬家が、子犬ちゃんを自由にしながら呼び寄せるような経験を積ませます。

しかし、それでは子犬ちゃんが来たい時だけ来れば良いような印象を子犬ちゃんに学習させることになります。

あなたが呼んだ際には100%、必ずあなたの元へ来ることを幼いころから経験させ、脳に刷り込んでしまうのです。

子犬ちゃんの暮らしの中で、あなたを追う事が自然なことになれば、あなたにとっては不思議かもしれませんが、お散歩に出かけても愛犬は決してあなたを強く引っ張るような傍若無人な行動を取りません。


これは当然なことなのです。

なぜ?

それは、幼い頃から「あなたを追随すること」が習慣化されています。

簡単に言いますと「あなたの前に出る」という発想が無いのです。

本当かウソか、、、

それはあなたの練習次第かなと思いますよ!

子犬の楽しい「おいで」の教え方
09:12

お散歩へ出かけるたびに興奮して逃げ回る愛犬を捕まえるのは大変です。

もしも、あなたがお散歩へ行こうとリードを持った時に、愛犬が自ら頭を下げて首輪の位置へやってきたらどう思いますか?

知的なドッグライフはこういった些細な一歩の積み重ねから築かれるものです!

スマートなドッグライフへようこそ!

簡単に首輪を付けられるように育てる方法
07:03

リードは「あなたの意思を伝えるサポートグッズ」です。

リードは「愛犬を拘束するもの」ではありません。


リードの持ち方により上手に意思が伝えられず、楽しいはずの暮らしが少しずつズレて満足度が上がらないケースは沢山あります。

そうであるから、逆にリードの持ち方・扱い方を学び「正しい伝え方」ができれば日々どんどん愛犬はあなたの意のままになるのです。

そして、気づかづにあなたにとって都合の悪い指導をしてしまっているかもしれないことを学びましょう。

正しいリードの扱い方
16:48

衛生的に暮らすには、愛犬も日頃から外出後に足裏を拭き綺麗にすることが望まれます。

日々のことは、決まった流れを作り上げることが暮らしやすさのポイントであり、なによりも愛犬の学習スピードを速めることができます。

「足拭きマナー」とだけ考えず、愛犬があなたの指示を学ぶ「基本的な理解の流れ」を学ぶ機会と思って取り組んで下さい。

足拭きマナーの教え方
04:45

改めて指導しているしつけ本は無いでしょう。

そう、案外貴重な教えだと思いますよ!

素早く、しっかりと、強固に繋ぎ、簡単に解除できる方法です。

繰り返し注意をお願いしていますが、リードは犬からすれば簡単に噛み切れるものです。

必ず目の届く範囲に、短時間の時にだけご利用ください。

一時的にリードで愛犬を繋いでおく便利な方法
06:29

現在の犬たちは平均寿命も随分と延びて12~15歳くらいは普通に暮らしていますね。

20年くらい前から比べると1,5倍程度になっていると思います。

そのために愛犬の歯のケアもしておかないと快適な暮らしは送れなくなりました。

歯が悪くなると、鼻の粘膜が爛れやすい犬は上顎の歯が悪くなると「嗅覚」が機能低下して食事に興味を見せなくなります。

下顎の歯が悪くなると下顎の骨を溶かして骨折のリスクがあらわれます。

また、

口のまわりを自由に触れると愛犬が食べてはいけないものを口にした際にも簡単に取り出すことができるでしょう。

穏やかな愛犬との暮らしにの役立つことです。

ぜひ、あなたも練習して下さい。

特別付録 歯磨きマナーの教え方(基礎編)
04:02

実践的な歯磨きの練習風景ですね。

暴れてしまうこともあるでしょう。

そんな時は、暴れたまま歯磨きを続けるのではなく順番を守りましょう!

①ジッとさせること(制止) ②口を触らせること ③歯に歯ブラシを当てること ④愛犬が嫌がる前に取り出すこと

そして、2回目以降は徐々に④番が「少しだけ嫌がっても我慢させて歯磨きの時間を延ばしていく」ように変化します。

特別付録 歯磨きマナーの教え方(実践編)
05:08