進学塾の授業『英検模試 5級 傾向と対策』
0.0 (0 ratings)
Course Ratings are calculated from individual students’ ratings and a variety of other signals, like age of rating and reliability, to ensure that they reflect course quality fairly and accurately.
2 students enrolled

進学塾の授業『英検模試 5級 傾向と対策』

オリジナル問題で英検4・5級&中1英語の〈文法〉〈構文〉の全てを学ぶ!
0.0 (0 ratings)
Course Ratings are calculated from individual students’ ratings and a variety of other signals, like age of rating and reliability, to ensure that they reflect course quality fairly and accurately.
2 students enrolled
Created by Hiroshi Matsumoto
Last updated 5/2019
Japanese
Current price: $16.99 Original price: $24.99 Discount: 32% off
5 hours left at this price!
30-Day Money-Back Guarantee
This course includes
  • 4 hours on-demand video
  • 15 downloadable resources
  • Full lifetime access
  • Access on mobile and TV
  • Certificate of Completion
Training 5 or more people?

Get your team access to 4,000+ top Udemy courses anytime, anywhere.

Try Udemy for Business
What you'll learn
  • 英検5級程度の英語の総合的な知識
  • 「プレジデント Family」で特集された、英語の最適勉強法
  • 中1レベルの英文法、構文の総まとめ学習
Requirements
  • 英語のイロハ程度は知っている!
Description

※ Twitter(Arc_Edu)やアメブロ(arc-edu)、Youtubeで、「成績UP」につながる情報、イロイロ公開中!

 英検「5級」「4級」程度の合格を目指したレクチャーです。

▶ 問題は「英検5級」の問題形式・レベルです。

▶ よくありがちな、「問題を読んで答を言ってドンドン進む」形式ではなく、

  それぞれの問題を『超・詳細解説」して進みます。

▶ 例えば問題中で出てきた文法事項は、板書形式・参考書形式で「基礎からまとめ」を行います。

▶ 「1レクチャー」=「1問」形式。自分の進捗がわかりやすく、1回数分程度の「短めビデオ」でリズムよく学習できます。

▶ 最新のプロ用機材・デバイスを使用した見やすいビデオ画面と、高音質音声。

▶ 「問題プリント」「解説プリント」を問題ごとにダウンロード可能

▶ 「プレジデント Family」でも特集された認知科学を用いた勉強方法が学べる

▶ 著者はKADOKAWAの学習参考書の著者でもある進学塾の塾長


● 認知科学的な勉強方法ッテ?

▶ 学んだ内容が「わかった」というレベルから「デキル」レベルへとしっかりと「記憶」を定着させる工夫がいっぱいです。

 ※「記憶」は「体験」したことをニューラルネットワーク(脳内の神経細胞ネットワーク)として保存し、そのネットワークが再生することで蘇ります。

 ※「記憶」を深めるPOINTは「サラッとビデオを見る」ではなく、「できないな」「間違った」「あ、わかった」と、深くリアルな「学習体験」をすることです。

▶ 間違ったままの「勉強方法」ではなかなか成績UPは実現しません。成績UPの秘訣は、勉強時間や問題量以上に「勉強方法」にあるのです!

 

● 特徴:認知科学・脳科学を応用したレクチャー!

▶ 認知科学・脳科学を応用し、すでに今持っている「学習能力」をどうやって引き出し伸ばすか、その具体的な勉強技術をレクチャーします。

▶ 学校や塾の授業では淡々と答の出し方を説明することが多いですが、このレクチャーでは、重要な思考プロセスでもある「注意」「認知」をレベルアップするための具体的な勉強技術をレクチャーします。

▶「思考・推論」の実態である「イメージ」の作り込み方を各問題ごとに示します。そしてテストの教室や会場でしっかりと再生できる「強い記憶」を、どうやって作っていくのかを指導します。

▶ そのためのキーワードは「手順」です。

※「自転車に乗る」「泳ぐ」といった運動が、一度身につくと忘れにくいのは「手順」を記憶するからです。こうした記憶を「方法記憶」と呼びますが、誰もが既に持っている非常に強い記憶です。コレを使わない手はないですね。

※ 逆に勉強が記憶に残りにくいのは、一般的な授業では、講師が「ああやってこうやって」と一方的に解説する場合が多く、生徒たちの関心が「知識」に集まりがちで、「手順」に「注意」が向きにくいといったことがあるからです。「意識」でとらえることができない内容は「頭脳にとってはなかったも同然」となりがちで、記憶に残すことが難しくなります。

※ また「言葉」に頼りすぎるということも、「知識」が記憶に残りにくいもう一つの原因です。「言葉」がうまく伝わるには、「同じ経験を共有している」ことが重要です。先生が「ココは重要」といっても、なぜ重要なのか「なるほど、だからココが重要なんだ!」といった経験があるのとないのとでは、記憶に残るレベルには大きな差が生まれます。

 脳は扁桃体というところで、入力された情報の価値を判断します。「記憶」に残ろうかどうかは、そのときに「心象が揺れ動いた実体験」がモノをいいます。

※ ですから…このレクチャーでは「記号」や「色といった非言語的要素で「手順」を「暗に」示します。「遺伝的無意識」といって、場所や時代が変わっても誰もが「区切り」「重要」「それぞれ違う」など、説明がなくても直感的にわかる「シグナル」を使って「手順」を記憶に残すのです。

▶ 学んだことを「記憶」に残すには、「まずこうやって、次にああやって…」という「具体的な手順」を何度か経ることが有効です。テストのときにも、できるだけ同じ「手順」を実施することで、「記憶」は「答を出すプロセス全体」を再生し易くなるのです。

▶ 問題プリントは、「英検」そのままではありません。問題はオリジナル問題で、解説が書きこめるようにスペースを設けてあります。

▶ 更に「関連するテーマ」をページの右サイドにまとめ、テーマ全体を「俯瞰」できるように工夫しました。

※ こうしたテストでは断片的な学習になりがちですが、「理解」は「全体から細部」へと学ぶことが重要です。「テーマ全体を俯瞰」することで「理解」を広め、深い「記憶」につなげることができます。


● お子様の勉強方法を改善したい保護者の皆様へ!

 以上のようにこのレクチャーは、認知科学・脳科学を応用し、お子様が生まれながら持っている能力をどうやって引き出すか、勉強方法・勉強技術にこだわったレクチャーです!

▶ 伸びない生徒に足りないのは「勉強方法が間違っている」からです。頭脳が持つ力を引き出す勉強方法の改善で「わかる!」を体験!知的好奇心を自然と引き出すことが「できる生徒」の必須条件です!

▶ 「認知負荷」という「わかることを邪魔する力」を下げるだけで「ミス」を防げる!

  一見長く難しそうに見える問題でも「実は小1・小2レベル」といったことがよくあります。目からウロコが落ちる学習体感を!

▶ 勉強は、直感を始め記憶力・注意力といった「学習能力」が向上して初めて得点アップにつながります。もし伸び悩みを抱えているなら、「解法の丸暗記」といった間違った勉強方法になっている可能性が大きいといえます。

▶ 学習能力が向上するよう「勉強方法」を改善すれば、自分が元々持っていた能力を使いこなせるようになります。ミスで落としていた実力内の問題は、勉強方法の改善ですぐに得点にできます。成績アップはそう難しくはありません!

 勉強方法の指導を受ける機会はなかなかありません。自分の欠点を知り学習能力を引き出すチャンスをこのレクチャーでGet!


 講師は、KADOKAWAから参考書を出版している、進学塾の塾長です。多くの生徒指導の経験を持ち、生徒たちがつまずくポイントを踏まえ、その具体的な対策をレクチャーします。

 【6色マーカー学習法】は雑誌「プレジデントFamily」で何度も特集された勉強方法!

▶ 認知科学を応用した独自理論「Powered Brain Learning System(パワード・ブレイン・ラーニング・システム)」を、色をテーマにして小学生にもわかりやすくしたカリキュラム【6色マーカー学習法】でひもときます。

▶ 雑誌「プレジデントFamily」で特集された勉強方法・勉強のテクニックを学ぶチャンス!楽しくしっかり勉強したい君へ、その要求にこたえます!

【6色マーカー学習法® 2.0】⇨ 頭脳は情報が入ってきて動きます。「カラーマーカーで数学的要素を強調認識」、「問題文を数学的要素ごとに区切って細分化」といった、認知科学を応用した勉強技術をマスターしよう!注意力・記憶力をはじめ眠っていた学習能力を引きすことを目標にしたカリキュラム!

⇨「マーキング」「スラッシュ分割」「ライン化」「イメージング」「記号化」などの勉強技術をマスターして、その瞬間から学習能力がアップすることを体感!百聞は一見にしかず!

Who this course is for:
  • 英検5級の合格を目指したい!
  • 英検4級の合格を目指したい!
  • 中学1年程度の英語文法・構文を学びたい!
  • 受験に向けて、効果的な英語の勉強方法を知りたい!
Course content
Expand all 40 lectures 03:53:44
+ Lesson1⃣ 大問 ❶ 1⃣〜⑷ を「〈超〉徹底解説」!
9 lectures 52:09

●えいごを学ぶのが「初めて」という人向きレクチャー ※「だいたい分かってます!」という人は、このレクチャーをとばして「❸」にJump!

▶画面・プリントの構成について…

▶日本語と英語の違いって?…語順が違うよ!

▶英語では「〜は(が)」とか「〜を(に)」とか助詞に当たる語がない?!

 

Preview 05:04

▶ 基本文型 SVO

▶ 主語は「〜は」「〜が」

▶ 目的語は「〜を」「〜に」

▶ 認知科学を応用した勉強方法

   「スラッシュ分割(/)」って、どうする?

   「色分けマーキング」って? S:オレンジ V:ピンク

▶ 人間が持つ最高の脳力 「直感」を引き出すんダ! 

Preview 04:22

▶英語を学ぶPOINT⇒「動詞」ダ! 

▶Be動詞って何がある? 

▶「is」「am」「are」って、どうやって使い分けするの?

▶ ⑴解説

▶ 「is」「am」「are」、主語によってこう使い分けするんダ!!

Lesson1⃣-3 ● 「Be動詞って何だ?
05:45

▶「Be動詞」の疑問文の作り方って?

▶「一般動詞」…簡単に前倒し学習!

▶小1程度の「国語、読解力」で答を引き出す!

Lesson1⃣-4 ❶−⑴…こうやって考える!
06:46

▶ 英語の何月:1月〜12月

▶ 英語のつづりの覚え方


Lesson1⃣−5 ❶−⑵…英語の月、こうやって覚えル!
06:09

▶ 「〜い」で言い切れる語を「形容詞」といいます。問題にあった「英語形容詞」を選び方をCheck!

▶ 「記憶」はザッと流すような勉強は残らないンです!

  「ジャマくさいぐらいの、ディープな学習経験」こそが、記憶に残るンです!

   認知科学・脳科学を応用した、そうした勉強方法を学ぼう!

 

Lesson1⃣−6 ❶−⑶ 形容詞を選ぶ!
04:12

▶ 「一般動詞」の疑問文

▶ 「Be動詞」の疑問文

▶  someの使い方

Lesson1⃣ー7 ❶−⑷ 「コーヒーいりますか?」って何ていう?
08:40

▶Be動詞の復習

▶一般動詞の復習

▶1月〜12月の復習


Lesson1⃣—8 ● 「ココまでをまとめてみた」…その1⃣
06:14

▶一般動詞の疑問文の復習

▶一般動詞の否定文の復習

▶単語と熟語のCheck

▶前倒し学習:「進行形」もやっておこう!

Lesson1⃣−9 ● 「ココまでをまとめてみた」…その2⃣
04:57
+ 大問❶ ⑸〜⑺ を「〈超〉徹底解説」!
5 lectures 29:07

▶「look」と「look at」どう違うの?

▶ 体に関する単語を覚えるゾ!


Preview 08:56

▶ 「主語がない?」…命令文、どうやって見つける?

▶ 形容詞の仲間を増やすゾ!


Lesson2⃣−2 ❶−⑹…「僕の自転車、とっても古いンです」⇒それで…?
03:10

▶命令文は「主語」がないの?

▶よく出てくる「3つの表現」をマスターしよう!

▶「人に教える」時は命令文で…でも命令しているわけジャないヨ

▶結局、〈スラッシュ分割〉や〈色分けマーキング〉で「SVチェック」してない人には、命令文は見抜けない?!

Lesson2⃣−3 ● 文法:命令文…弱めてイイ感じに使うテクニック!
05:44

▶「one」「it」「that」:それぞれ伝わる内容が、こんなふうに変わる!

▶「this」「that」: 近くにあるか、遠くにあるか、ソレが問題ダ!

Lesson2⃣−4 ● 文法:代名詞ってどうやって使うの?
05:55

▶「進行形」と「現在形」、どうやって見分けル?

▶答を特定する「キーワード」を見つけヨウ!

▶「dog」「park」「fast」から、何を連想?

Lesson2⃣−5 ❶−⑺…「現在進行形」⇒「〜しているところです」はどんな文法?
05:22
+ 大問❶ ⑻〜⑾ を「〈超〉徹底解説」!
5 lectures 23:18

▶ 時刻ってどう表す?_ 〈at +時刻〉ダ!

▶ 「every」「all」…どっちも意味は「すべて(の)」なのに、後ろの単語は?

▶ SVチェックをキチンとすると「熟語」にも気づきやすい!


Lesson3⃣−1 ❶−⑻…「〜 UP」と「毎日8時に〜」⇒連想せよ!
05:22

▶ 「Let's+動詞の原形」:「〜しよう」って友達を誘う言い方、覚えて使おう!

▶ 「スラッシュ分割」「色分けマーキング」で、文を細分化すると、「複数形のs」にも注意が向くゾ!

▶ 「take a picture」は写真をとるダ!…今度の旅行で使ってみて!

Lesson3⃣−2 ❶−⑼…「写真を取る」っていうヒンシュツ熟語を押さえるゾ!
02:34

▶ Here Be S(主語) :ココに〜があるんデス。

▶ 「how〜」は、「〜しようヨ」と誘う表現

▶ 前置詞+名詞 ⇒伸びる生徒は〈品詞〉にコダワル! 

▶ 発展学習:動名詞 ⇒ 動詞+ing「〜すること」


Lesson3⃣−3 ❶−⑽…「How〜」で、誘ってみよう!…前置詞を選ぶ
05:57

▶「〜しに行く」という熟語を学べ!

▶3単元のS

Lesson3⃣−4 ❶−⑾…「go +動詞ing」
02:50

▶ 数字と何番目 1〜20

▶ 「頻度の副詞」って?…位置に注意

▶ 時刻を表現する時はココに注意…主語は「it」か「it以外か」?!

Lesson3⃣−5 ●文法といろいろな表現をオサライしよう!
06:35
+ 大問❶ ⑿〜⒂ を「〈超〉徹底解説」!
4 lectures 23:18

▶ 問題って、作る人にはPOINTがあるんだ…

▶ 直感が大事!

▶ 重要熟語をチェックせよ!

Lesson4⃣−1 ❶-⑿ 前置詞が決めて!…人間が持つ最高の脳力〈直感〉を育てる勉強方法!
06:32

▶ 「ウーン,動詞が無い?!」…って気づくことがPOINTダ!

▶ 「スラッシュ分割」「色分けマーキング」⇒細かいトコロまで目が届く!

   ⇒主語の最後についている「S」発見!

▶ QAのSV対応 … 問と答のウルトラ法則!

Lesson4⃣−2 ❶−⒀…「質問と答の法則」…試験のテクニックをGetせよ!
03:47

▶ 「but」が答を教えてくれる?!

▶ 文が連続している…

 …「主格」の人称代名詞(この問題ではhe)が

 … 2つめの文の始まり!

▶ 動詞の前に(    )が…

  ⇒ Be動詞+頻度の副詞+一般動詞 か…

  ⇒ don't とか doesn'tとかの

  ⇒ 助動詞+一般動詞 かダ!

Lesson4⃣−3 ❶−⒁…重要文法「3単元のS」登場!
06:04

▶ 「5W1H」 + which ⇒ 「6W1H」として覚えよう!

▶ 使い方 ⇒ 「6W1H」+疑問文(are you〜?とかdo you〜とか…)

▶ who は 変化ですゾ!

▶ How + 疑問詞 ⇒いろいろな便利な表現がいっぱい!

Lesson4⃣−4 ❶−⒂…「5W1H」って、どう使う?
06:55
+ 大問❷ ⒃〜⒅ を「〈超〉徹底解説」!
4 lectures 33:04

▶ 「アレですか?それとも、コレですか?」はYes〜、NO〜では答えない?

▶  「A or B?」のイントネーション、疑問文なのに文尾は下げる?!

▶ 「this」「that」の使い分けは「手が届く」かどうか?!

Lesson5⃣−1 ❷−⒃…「or」でつながった疑問文、どう答える?
11:45

▶ 天候を表す主語の「it」を使い方をマスターするんダ!

▶ 「rainy」は形容詞、「rain」は動詞…サァ,どうやって使い分けするの?


Lesson5⃣−2 ❷−⒄…「今日は雨です…」の次の文、「順接」と「逆説」で意味をつなぐゾ!
05:43

▶ 頻度の副詞って、どこにいれる?

▶ タマタマ「s」で終わる「always」と「 sometimes」…3単元の「s」と違うヨ!

▶ 7000円 …って、英語でなンと読む?

▶ 英文を日本語に訳す「順序って、知ってる?」

▶ both A and B ってどういう熟語?

▶ yes, I do. の「do」って…代動詞っていう便利なヤツ!

Lesson5⃣−3 ❷−⒅…ウルトラ試験のテクニック:「QAのSV対応」…の法則!
09:02

▶ 単数形と複数形が同じ形… どうやって見分けるの?

▶ 数えることがデキル? デキナイ? 

▶ 英検合格には、「単語ノート」は重要アイテム!

Lesson5⃣−4 ●単複同形の名詞って? ●可算名詞&不可算名詞って?
06:34
+ 大問❷ ⒆〜⒇ を「〈超〉徹底解説」!
3 lectures 15:42

▶ 「今日は何日?」の聞き方をCheck!

▶ 「〜日ダヨ」って、どうやって答える?


Lesson6⃣−1 ❷−⒆…「日付」ってどうやって聞く? 訳さない主語の「it」
04:56

▶ 「I'm here.」ってどう訳す?

▶ 場所や時間の表現には…「前置詞」がいるんダ!

▶ 問題を作った先生が「わざと落としていったワナ」を見つけよう!

Lesson6⃣−2 ❷−⒇…国語読解の難易度がupした問題になれよう!
06:44

▶ 「今日は何日?」とその答え方!

▶ 「今日は何曜日?」とその答え方!

▶ 居間 風呂 など家の中の部屋の名前

▶ 日曜日〜土曜日 まとめておぼえル!

Lesson6⃣−3 ●「今日は何曜日?」の他に、Checkしておくべき「日付」や「曜日」に関係する表現をまとめチャウ!
04:02
+ 大問❸ (21)〜(23) を「〈超〉徹底解説」!
5 lectures 27:56

▶ 大問❸は…大問❶・大問❷と、どう違う?
  ・大問❶:単語を選択

  ・大問❷:文を選択

  ・大問❸:文そのものを組み立てる

▶ 〈構文〉〈文法〉の知識が要求されるゾ! 

Preview 07:10

▶ 1h6w(5w1h)を、総復習しておこう!

▶ 「How+形容詞・副詞」:いろいろなバリエーションを学ぶ!

 

Lesson7⃣−2 ●〈重要構文〉を押さえておこう!:「疑問詞」+「疑問文」
06:33

▶ 日本語の「スラッシュ分割」「SVマーキング」で…〈構文〉をつかむんダ!

▶ 見落とし多し…「Be動詞」ってどう訳す?

Lesson7⃣−3 ❸−(21)…「疑問詞」で始まる疑問文、どう攻める?!
04:30

▶ 場所を表す前置詞について学ぶ!

▶ 「考える」の始まりは〈注意〉ダ!…それで、どこに〈注意〉を向けると伸びるんダ?!

Lesson7⃣−4 ❸−(22)…〈慣用表現〉をCheck it!
04:05

▶ 〈公式:S/V/O/場所/時間〉の実力を試してみる!

▶  〈単語〉&〈表現〉をCheck!

Lesson7⃣−5 ❸−(23)…〈公式:S/V/O/場所/時間〉はキミの直感を引き出す!!
05:38
+ 大問❸ (24)〜(25) を「〈超〉徹底解説」!「」
5 lectures 29:10

▶ 「弾きますか」と「弾けますか」、どう違う?

▶ 文の最後の「か」が重要?!

▶ 助動詞を使った疑問文、サァどうする?

▶ 助動詞の使い方⇒「助動詞+動詞の原形」

▶ 「楽器を演奏する」には「the」が必要?! ⇒ 「play + the 楽器」「play スポーツ」

Lesson7⃣−6 ❸−(24)…「助動詞」を見抜くワザ?!
06:30

▶ 日本語訳の「述部」に〈注意〉を向ける!

   … 「スラッシュ分割」「SVマーキング」は〈注意〉機能を向ける『ウルトラ・テクニック』ダ!

▶ 「進行形」の文法を、ココで押さえておくゾ!

Lesson7⃣−7 ❸−(25)…問題作成者のテーマは「進行形」!どうやって見抜く?!
05:32

▶ 問題作成者のテーマを見抜くと、ミスが減るゾ!

▶ 「S/V/O/場所/時間」、もう一回、復習!

Lesson7⃣−8 ●大問❸、もう一回、傾向を分析!
03:13

▶ 「助動詞」と「頻度の副詞」は同じような位置に来る…「sometimes」の「s」は「3単現のs」じゃなナイ

▶ 「can」「may」「must」について、意味と文法を総まとめ!


Lesson7⃣−9 ●「文法」と「重要表現」のまとめ!
06:56

▶ 楽器を演奏するとき、「the」はなぜいる?

▶ 「ing」つける時、一つ前のスペルを「重ねる」「重ねない」?

Lesson7⃣−10 ●「文法」と「重要表現」のまとめ!
06:59