相場の加速を捉えるボリンジャーバンドの使い方

相場が向きを変える前に送るサインとは?モメンタムの変化を迅速に捉え、来たる市場の変化を素早く正確に読み出す。V2.0ではATRを深堀り!
4.6 (23 ratings) Instead of using a simple lifetime average, Udemy calculates a
course's star rating by considering a number of different factors
such as the number of ratings, the age of ratings, and the
likelihood of fraudulent ratings.
333 students enrolled
$110
Take This Course
  • Lectures 32
  • Contents Video: 3.5 hours
    Other: 1.5 hours
  • Skill Level Intermediate Level
  • Languages Japanese
  • Includes Lifetime access
    30 day money back guarantee!
    Available on iOS and Android
    Certificate of Completion
Wishlisted Wishlist

How taking a course works

Discover

Find online courses made by experts from around the world.

Learn

Take your courses with you and learn anywhere, anytime.

Master

Learn and practice real-world skills and achieve your goals.

About This Course

Published 10/2014 Japanese

Course Description

実はFX市場には特有の弱みがあります。

24時間世界中とインターバンクでトレードできるメリットがある一方、取引所経由の株式相場や先物と比較したときに見える致命的な弱点とは、、、

取引高の情報が存在しない

という点です。考えてみれば取引所がないのですから当然ですね。ところがMT4には「出来高」を表示する機能があります。MT4は、どこから取引高のデータを引っ張ってきているのでしょうか?実は「出来高」のヒストグラム、単なるティックをカウントしただけのものなのです。

もちろんティックが多く振れれば取引高が多いことは想像できますが、個人トレーダーの相手はほとんどの場合ブローカーです。彼らがサーバー負荷を削減するためにティック数を圧縮していたらどうなりますか?

仮に残念ながらそうであったとするなら、ではMT4に頼らず取引高の情報を推測する方法はあるのでしょうか?もちろん完璧な回答はありません。もともと取引高の情報自体が無いのですから。

ところがATRインジケーターを活用すれば、ある程度の取引高を推測することができます。少しだけ特殊なパラメーターを入れてやれば良いのです。

さらにATR自体のプライスパターンを分析することで、今まで見えてこなかったバンド・エクスパンションの立ち上がりを、ダマシの可能性を小さいまま見つけることができます。

V2.0の追加講義でATRをあなたのものにしてくださいね。知らないと、確実に損をする情報です!

【ボリンジャーバンドFX】

ボリンジャーバンドと聞いた瞬間、「使い方がわからない」と最初からチャートに表示をしていない方、「逆張用の道具」と思われている方が多いようです。

それもそのはず、上下のバンドにタッチしたら反転のサインで、その後は中間線まで戻ってきたところを利食う、、、というような説明をよく聞きます。ところが実際のチャートでは、ボリンジャーバンドの上限下限にタッチした相場が戻ってくるどころか、そこから加速して一気に大きな値動きを起こしているケースを見つけるのには困りません。

このような誤解がまかり通りやすいボリンジャーバンドですが、正しく理解して使うことができれば、あなたの大きなトレードの武器になります。なぜか?

それは欧米の機関投資家が使っているからです。彼らはボリンジャーバンドを一定のパラメーターで設定し、意思決定ツールの一つとして活用をしています。

つまりボリンジャーバンドの正しい使い方を理解することで、彼らと同じ視線を手に入れることができるようになるのです。

ボリンジャーバンドに懐疑的な意見として聞くのは、以下のようなものです。

  • 相場は標準偏差内で収まるような動きはしない。
  • 逆張り手法である以上、レンジ相場でしか使えない。

もっともな意見に聞こえますね。ところがボリンジャーバンド自体、そうした懸念は全て織り込み済みで開発されています。そもそも、ボリンジャーバンドはどのような使い方をして、何を目的に開発されたのでしょうか?

相場が向きを変えるときには、その前に「値動き力」ともいうべきモメンタムが変化をします。ボリンジャーバンドは、この変化の予兆を発見することで、相場が向きを変える可能性をいち早く察知しようとするツールなのです。

ボリンジャーバンドFXの狙い

本編ではボリンジャー氏が伝える元々のバンド設計意図と正しいパラメーターの設定方法を伝え、陥りがちなミスの対処法を分かりやすく説明し、その上でバンドを正しく活用する方法を伝えていきます。

この講義を受講することで、以下の事ができるようになります

  1. ボリンジャーバンドが作られた本当の意図と背景を知る
  2. 相対的なハイとロウを見つける
  3. バンド・スクウィーズから相場が加速する場所を見つける
  4. エクスパンションの始まりと終わりを正確に知る
  5. 短い時間足でバンドを使う際の落とし穴と対処方法
  6. ダマシの代表的な種類と具体的な対処方法
  7. ボリンジャーバンドの限界を正しく知る
  8. チャートパターンと組み合わせたブレイクアウト・エントリーの事例
  9. ローソク形状およびバンドの位置関係から、相場反転の可能性を見つける

トレードで収益を上げるには、ボリンジャーバンド以外の手法も組み合わせて戦略を作る必要があります。そのためにも、ボリンジャーバンドの正しい使い方と設定でプロが活用している手法を正しく知り、ご自身のトレーディングに新たな厚みを加えてくださいね。

What are the requirements?

  • コース内ではMT4を使ったデモを行っています。

What am I going to get from this course?

  • ボリンジャーバンドが作られた本当の意図と背景を知る
  • 相対的なハイとロウを見つける
  • バンド・スクウィーズから相場が加速する場所を見つける
  • 短い時間足でバンドを使う際の落とし穴と対処方法
  • ダマシの代表的な種類と具体的な対処方法
  • チャートパターンと組み合わせたブレイクアウト・エントリー
  • ローソク形状およびバンドの位置関係から、相場反転の可能性を見つける

What is the target audience?

  • チャート分析を自力で行うことが必要です。
  • 自動売買では無いので、EAを探している人にはメリットが無いかもしれません。

What you get with this course?

Not for you? No problem.
30 day money back guarantee.

Forever yours.
Lifetime access.

Learn on the go.
Desktop, iOS and Android.

Get rewarded.
Certificate of completion.

Curriculum

はじめに・・・より効果的に受講するコツ
Preview
Article
講義を快適に受講する3つの設定
Preview
Article
参加型コミュニティのご案内
Article
V2.0最初に
Preview
03:22
Section 1: ボリンジャーバンドFX---使い方と設定
イントロ動画
17:38
イントロで使用したスライドショー
12 pages
Section 2: ボリンジャーバンドの成り立ち
ボリンジャーバンドが生まれた背景
11:28
Section 3: ボリンジャーバンドの定義と本質
ボラティリティの大小を計測する
12:25
Section 4: 相場変化の予兆を捉える
慣性の法則と相場との共通点
05:31
Section 5: チャート設定(MT4準拠)
プロトレーダーが見る基本設定
07:32
Section 6: 実戦での使い方
逆張りで使うことの間違い
Preview
05:37
相対的な高値と安値を計測する
09:22
バンド・スクウィーズを使う
15:48
スクウィーズを見つけやすくするバンド設定
03:00
エクスパンションのダマシを排除するには
18:19
Section 7: 組み合わせて使う
先行指標のテクニカル分析ツールと組み合わせていく
23:20
Section 8: 最後に・・・お知らせなど
講義で使用したスライドショー一式
74 pages
Section 9: 特典Vol.1
MT4でボリバンを一発表示するツール
Article
ボリンジャーバンドでエントリーする方法1
07:33
ボリンジャーバンドでエントリーする方法2
11:10
Section 10: 特典vol.2 追加インジケーターでボリバンを活用
特典vol2.で使用するインジケーター
Article
08:50

もし先のレクチャーでダウンロードした%bのファイルが上手く表示されないようでしたら、この講義内のリソースに代替のインジケーターを貼っておきます。受講生のKuraさんから頂いた情報です。

【BandWidth】を使ってみる
08:13
Section 11: v2.0講義・ATRの活用
ボリンジャーバンド・レビュー
06:00
ATRの定義と計算方法
06:08
ATRインジケーターMT4版
Article
ATRでフォレックス特有の欠落した取引高情報を補う
06:16
ATRブレークで確実なエクスパンションを見つける方法
14:15
Section 12: お知らせ
MT4でインジケーターを移植する方法(YouTube動画から)
Preview
04:11
MT4で定型チャートと組表示を移植する方法(YouTube動画から)
Preview
04:34
Section 13: 受講生特典はこちら
受講生限定の学割プログラムはこちら!
Article
基本を見直す無料レポート
Article

Students Who Viewed This Course Also Viewed

  • Loading
  • Loading
  • Loading

Instructor Biography

佐々木徹 (Toru Sasaki), 起業家、トレーダー、マーケティング・ストラテジスト

必要なお金を手に入れて、自由に好きなことだけをして生きて行きたい

不自由度ばかりが増える会社員を15年続けるあいだ、そんなことばかり妄想していました。

転勤や海外出向の指示が出るたび、子供の学校は変わり、住む場所を探し、お金は手出しで減るばかり・・・人生を他人に預けるのはやめて、自分の足で新しい場所に踏み出さないと、未来は変わらないと焦る気持ちばかりが募っていました。

そうしたときに外国為替取引に出会い、自由の切符をつかもうと3回も口座資金を無くし、人から教わる必要性を、身を持って理解します。

その後、欧米のプロトレーダーが使う方法を学び身に付け、試行錯誤を経て、やっと安定した利益が出せるようになり、自分なりの方法を講義にまとめ販売を始めたところ、熱心な受講生の方に恵まれ、支持をいただき今にいたります。

現在は小さな法人を運営し、おかげさまで時間の使い方や経験することが、ある程度自由に選べるようになりました。

トレードもビジネスも、自転車の乗り方を覚えるのと似ています。

上達するまでは、何度も転んで痛い思いをしますが、だんだんとコツをつかむにつれて転ばなくなり、面白くなってきます。体が覚えた乗り方は、一生忘れることはありません。

そうしたコツやノウハウは、世の中に発信しシェアすることで、新しい気づきがドンドン流れ込んできて、さらに自分を成長させてくれます。

私が本当に欲しかったのは、自由よりも限りのない成長だったのかもしれません。

どこかで読んだ本で、「人は深い井戸を持って生まれてくるが、その豊富な水を汲み上げられる人は多くない」とありました。

その井戸とは、自分が持っている考えや知識、技術を世の中とシェアすることで、結果的に得られる自分の気付きのことではないかと思うのです。

私のコースがきっかけとなり、受講生の方の経験や知識と結びついて新しい価値となり、今度はそれを世の中に発信・シェアする側となり、深く大きな井戸から無限の水を汲み上げられる人が一人でも増えてくれれば、こんなに幸せなことはありません。

あなたの成長に唯一必要なのは、踏みだそうと思ったときに、目の前の小さな一歩を、現実に踏み出すことだけなのかもしれません。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

【略歴】

佐々木徹(ささきとおる)。米国テクニカルアナリスト協会公認資格CMT検定1級を保持。2014年には米国オンライン教育No.1のUdemyにて日本人初のトップ15講師入り。1,600名を超すUdemy受講生の履修件数は3,500を超える。欧米式のチャート分析方法を紹介する「ココスタ」運営責任者であり、個人トレーダー、起業家、マーケティング・ストラテジストでもある。株式会社ファム代表取締役。

  • 1973年 愛媛県松山市に生まれる
  • 1996年 英国ノッティンガム大学にて心理学専攻
  • 1998年 香川大学経済学部にてゲーム理論専攻・卒業
  • 1998年 繊維系商社に入社
  • 2008年 同米国子会社出向(マーケティングおよび財務)
  • 2013年 帰国
  • 2014年 2月 退職しFAM代表に就任
  • 2014年 7月 Udemyトップ15講師キャンペーンで13位入り
  • 2014年10月 米CMT検定1級取得
  • 2015年 1月 株式会社ファム設立・代表取締役就任

Ready to start learning?
Take This Course