【大学入試基礎ドリル&映像解説】英文法の基本問題Vol.5
90 students enrolled
Wishlisted Wishlist

Please confirm that you want to add 【大学入試基礎ドリル&映像解説】英文法の基本問題Vol.5 to your Wishlist.

Add to Wishlist

【大学入試基礎ドリル&映像解説】英文法の基本問題Vol.5

【大学入試基礎ドリル&映像解説】英文法の基本問題Vol.5
90 students enrolled
Last updated 4/2015
Japanese
Price: Free
Includes:
  • 1 hour on-demand video
  • Full lifetime access
  • Access on mobile and TV
  • Certificate of Completion
What Will I Learn?
  • 大学入試の頻出分析から、センター試験の基礎としてまずここはおさえておきたいという重要問題の理解度チェックができます。
View Curriculum
Requirements
  • 特にありません。
Description

■本コースについて

このコースで扱う単元は、「否定表現」、「仮定法」、「時制の一致」、「前置詞」、「接続詞」、「特殊な構文」の重要単元!

「否定表現」セクションでは、部分否定やnotを使わない否定表現など3つの小テストと映像解説で学習します。

「仮定法」セクションでは、受験頻出の仮定法を8個の小テストと映像で徹底解説!受験生がひっかかりやすい問題や、仮定法における動詞の時制、副詞節に仮定の意味が含まれる場合などを学習します。苦手分野もこれで克服!

その他のセクションでも、受験に必要な重要英文法をわかりやすい映像解説とともにお届けします。

それぞれの単元の重要テーマと重要問題を抽出し、すぐに判定できる小テストと映像解説が、全部で21セット。

スマホで解いて、その場で映像解説で「差がつくポイント」のチェック!

高校3年間の英文法単元から、大学入試の基礎となる問題を厳選して、映像解説つきで提供します。

■講師略歴

講師:木戸玲子

英語インストラクター、英語翻訳などをこなす英語のプロ。ベネッセのインターネット塾『EVERES』等の講師経験等、映像授業経験も豊富。

■学習の進め方

勉強方法は、2ステップ。①まずはWeb小テストで問題を解きます。②次に映像解説で、問題のポイントを確認します。映像解説の最後には、「差がつくポイント」があります。

高校1年生が取り組む場合は、大学入試に向けての先取り問題もあります。

高校2年生ならば、大学入試の基礎として、一気に、何度も確認していくのがぴったり。

大学入試の基礎固めをこれでスタートさせましょう。

※このコースは、【大学入試これだけは!】英文法の基本問題(まとめパック)からの抜粋版です。

Who is the target audience?
  • 主に高校2年生。大学受験対策の基礎固めをしたい方。
  • 高校1年生で、英語の先取りとしてどんどん英文法を勉強したい方。
Students Who Viewed This Course Also Viewed
Curriculum For This Course
+
否定表現
3 Lectures 07:58
部分否定を表すときは?
1 question

部分否定はnotと,allやeveryなどの語句を用いて表す
02:46

「すべてが…というわけではない」という部分否定をallを用いて表すには?
1 question

allを用いた部分否定では,普通allの前にnotを置く」と「すべてが…というわけではない」という意味を表す
02:35

「…するやいなや」をhardlyを文頭にして表すと?
1 question

「…するやいなや」はhardlyを文頭に出すと倒置が起きて,<Hardly had+S+過去分詞...when~.>の語順になる
02:37
+
仮定法
8 Lectures 16:14
「まるで…するかのように」をas ifを用いて表すと?
1 question

「まるで…するかのように」は,<as if+仮定法過去>で表す
01:59

「…ならいいのになあ」を I wishを用いて表すと?
1 question

「…ならいいのになあ」は,<I wish+仮定法過去>で表す
01:26

現在の事実に反する事柄を表すには?
1 question

仮定法の文では,副詞句に仮定の意味が含まれることがある
01:28

条件節が「過去のこと」,主節が「現在のこと」を表す場合は?
1 question

条件節が「過去のこと」,主節が「現在のこと」を表す仮定法の文では,条件節は<had+過去分詞>,主節は<助動詞の過去形+動詞の原形>で表す
02:05

「もし…がなければ」を表す仮定法の形は?
1 question

仮定法の文で,「もし…がなければ」は,ifを用いず,前置詞withoutで表すことができる
01:22

条件節が省略された仮定法の形は?
1 question

仮定法の文では条件節が省略されることがある
02:31

主語に仮定の意味が含まれる場合は?
1 question

仮定法の文では主語に仮定の意味が含まれることがある
02:53

副詞句に仮定の意味が含まれる場合は?
1 question

仮定法の文では副詞句に仮定の意味が含まれることがある
02:30
+
時制の一致
1 Lecture 02:03
<一般的事実・現在の習慣>の時制は?
1 question

<一般的事実・現在の習慣>に関する内容は,<時制の一致の例外>に該当し,常に現在形を用いる
02:03
+
前置詞
1 Lecture 01:49
「…された状態で」をwithを用いて表すと?
1 question

「…された状態で」は,前置詞withを用いて<with+名詞+過去分詞>で表す
01:49
+
接続詞
3 Lectures 06:24
<as far as ...> が表す意味は?
1 question

as far as ... は,「…する限りでは」という意味で,<条件・範囲>を表す
02:00

<no matter+疑問詞で始まる節> が表す意味は?
1 question

<no matter+疑問詞で始まる節>は「たとえ…するとしても」という意味で,<譲歩>を表す
01:45

コンマのあとに続く<so that ~>が表す意味は?
1 question

コンマのあとに続く so that ~は「…,その結果~」という意味で,<結果>を表す
02:39
+
特殊な構文
3 Lectures 06:46
強調構文の形は?
1 question

強調構文はIt isのあとに強調する語句を置き,残りの部分をthatのあとに続ける
02:03

「…だなんてちっとも知らなかった」をlittleを用いて表すと?
1 question

否定語を文頭に置くと倒置が起きる
02:29

過去の動作の肯定の要素を強めるには?
1 question

過去の動作の肯定の要素を強めるために用いるdidは,動詞の原形の前に置く
02:14
+
同格のthat
1 Lecture 03:17
<同格>のthatの用法は?
1 question

<同格>のthatは,「…という~」の意味で,前の名詞の具体的な内容を表す
03:17
+
その他
1 Lecture 02:38
<移動手段>を表す無生物が主語になる場合は?
1 question

<移動手段>を表す無生物が主語になるとき,動詞にはtakeやbringがよく使われる
02:38
About the Instructor
Benesse Corporation
3.9 Average rating
379 Reviews
9,084 Students
51 Courses
Udemy's partner in Japan

ベネッセコーポレーションは1955年以来、通信教育・出版・英語・介護事業等多角的な事業に手掛けてきた総合教育・生活・介護会社です。

2015年2月より、Udemyの日本での事業パートナーになりました。

Udemyではベネッセコーポレーションの幼児、小~高校生向けコンテンツに加え「ビジネス経営」、「IT」、「英語」、「ライフスタイル&ファミリー」、「受験・資格」の領域を中心に社会人向けの教育コンテンツをご提供いたします。

ベネッセオリジナルのコンテンツと共に実績のある講師の方々およびパートナーとの連携を通じて良質のコンテンツを拡充していきます。

2015年5月段階での主な提供コースとしては、

中央大学の学生が学び、公認会計士や簿記の試験において毎年現役合格率トップクラスの実績を誇る『会計サポート』から簿記の3級、そして2級の対策コース

ビジネス書や語学学習書のベストセラー著者が、講義をする新しい学習サービス『著者大学』から、Udemy向けにコース提供、仕事に役立つビジネス経営スキルを伝授します。

そしてパートナーとの提携によるExcelやWebプログラム講座などIT系のコンテンツ、親子が一緒に楽しめるプログラミング講座、化粧品検定3級対策コースもご提供します。

さらに、趣味を広げる学びのコースとして、プロ将棋棋士による将棋入門から中級者向けのコースも提供しています。

ベネッセは、Udemyを通じて日本の「教えたい人」と「学びたい人」をつなぎ、子供からお年寄りまで、一生学び続けることのできるオンライン教育プラットフォームを提供します。