初級ウェブ解析士認定講座
3.1 (4 ratings)
Instead of using a simple lifetime average, Udemy calculates a course's star rating by considering a number of different factors such as the number of ratings, the age of ratings, and the likelihood of fraudulent ratings.
102 students enrolled
Wishlisted Wishlist

Please confirm that you want to add 初級ウェブ解析士認定講座 to your Wishlist.

Add to Wishlist

初級ウェブ解析士認定講座

事業の成果に繋がるウェブ解析の本質を体系的にまとめました。ウェブ解析士を目指す上での基盤となる知識や情報を総合的に学習できます。
3.1 (4 ratings)
Instead of using a simple lifetime average, Udemy calculates a course's star rating by considering a number of different factors such as the number of ratings, the age of ratings, and the likelihood of fraudulent ratings.
102 students enrolled
Last updated 10/2016
Japanese
Current price: $10 Original price: $200 Discount: 95% off
5 hours left at this price!
30-Day Money-Back Guarantee
Includes:
  • 15.5 hours on-demand video
  • 8 Articles
  • Full lifetime access
  • Access on mobile and TV
  • Certificate of Completion
What Will I Learn?
  • ウェブ解析士を目指す方が、事業の成果につなげるために必要となる知識
  • Googleアナリティクスの基本的な使い方(認定試験後レポートにより)
  • ウェブ解析の原理、定義、活用方法
  • ウェブマーケティングに必要なビジネス
View Curriculum
Requirements
  • 未経験の方でも大丈夫です。必要な知識はありません。
  • 2016年度の初級ウェブ解析士公式テキストを合わせて読むことをお勧めします
Description

ウェブ解析の世界へようこそ。この講座をご覧くださる方は、少なからずウェブに興味がある方だと思います。

ウェブクリエイターはどんなに優れたデザインをしても、その価値をクライアントの売上や利益に貢献しなければ価値は0です。

ウェブマーケターがどんなに華々しいマーケティングプランを実行しても、その成果をクライアントに伝えられなければ無駄遣いです。今後、作れるだけのウェブデザイナーは単価がどんどん下がります。無料のホームページ作成ツールや海外の安くて優秀なクリエイターと戦えなくなります。

ウェブ解析は自分のデザインがクライアントに、いくらの価値があるか示す技術です。そして、ウェブマーケターが自分のプランがどの程度成果につながったか、証明する技術です。広告運用は今後ますます自動化されます。単に新しいマーケティング技術を知ってるだけでは広告主は予算を作りません。成果をあげるという提案力と事業に貢献したという証明しか明日のあなたの仕事は作ることができません。

ウェブ解析はGoogleアナリティクスを理解することとではありません。事業を理解し、顧客を理解し、ウェブの役割を考えることです。ウェブ解析から得られるユーザの声なき声は事業を改善するヒントに溢れています。その声を事業に生かせるかは、あなた次第です。

ウェブ解析士の使命は、クライアントに成果をもたらし目標を達成することです。この事から本講座では、ウェブ解析に必要な業務プロセスに沿って講義を展開していきます。事業分析、数値をもとにした計画立案、ウェブ解析の設計、全体傾向把握法、参照元・コンテンツの解析方法、そしてクライアントに対するレポート提案の方法までを体系的に学んでいきます。

受講にはウェブ解析士協会公式テキストをご準備ください。予習してからの受講をお勧めします。自分の実力を証明するためにはウェブ解析士の試験を受験し、Googleアナリティクスによるレポートを提出してください。すべてをクリアーすると認定証が送付されます。

Who is the target audience?
  • 初級ウェブ解析士を目指す方
  • デジタルマーケティングの基礎を学びたい方
  • 広告代理店・ウェブ制作会社などウェブ業界に従事する人
  • ウェブマスターやウェブ担当者などウェブに関わる事業会社の社員
  • ウェブ業界のフリーランスや個人事業主
Compare to Other Web Analytics Courses
Curriculum For This Course
89 Lectures
15:26:07
+
第一章 ウェブ解析とは
5 Lectures 48:52

いま、確実に当たる予言をするならば、「社会は多様化する」ことと「社会はデジタル化する」ということです。

現代はダイバーシティ(多様化)の時代です。個人の好みやライフスタイルに合った商品を選べます。そして、性別、出身、障害に関わらず生活し働ける時代になります。多様化した社会では細かいニーズに合わせたマーケティングが必要です。

誰もが同じメディアを見て、同じ商品を買う時代は終わりました。このようjな多様化する社会では情報がデジタル化すると、すべての人にとって便利になります。そして、ユーザーの行動がデジタル化すると、多様化したユーザーのニーズやウォンツを簡単に解析することができます。

ウェブ解析はデジタル化されたユーザーの行動を読み解き、情報の価値を知り、自分のビジネスに生かすための基礎技術です。今後、デジタル化する社会ではウェブ解析の技術は、小売店、法人営業、自治体などにも応用されます。資本主義で生きていくためには売上や利益を知らなければ仕事ができないように、現代の社会人にとってウェブ解析は必須の技術です。この本はウェブ解析士の育成を目的としたテキストです。ウェブ解析士を目指すあなたが、事業の成果につなげるために必要となる知識を体系的にまとめました。

はじめに
00:01


ウェブ解析とは
11:21

今後のウェブ解析
12:25

ウェブ解析士
12:26
+
第一章 演習問題
3 Lectures 23:52
問1
07:15

問2
04:32

問3
12:05
+
第二章 事業分析
6 Lectures 01:16:25

逆説的ですが、ウェブ解析で事業の成果を上げるためには最初にウェブ解析のデータを見てはいけません。

私たちはウェブを解析するので、どうしてもウェブを中心にビジネスを考えてしまいます。ウェブサイトを改善することや広告を強化するなどの提案になってしまいます。しかし、クライアントの立場に立って考えると、彼らが見ているのは顧客や競合で、彼らが求める事業の成果は自社のビジネスです。

私たちがクライアントから信頼を得るためには、クライアントと同じ目線に立つ必要があります。そのために事業分析から始めるのが正しいのです。

事業の成果を目指すウェブ解析士は、まず、クライアントのビジネスを分析することからその活動を始めます。そして、次に理解したいのは顧客です。顧客はどのような方法でメディアや人と触れているのでしょうか。ウェブ解析は必ず事業と顧客理解からスタートしてください。

ここでは、事業分析に役立つビジネスフレームワークの代表として3Cとユーザーを理解するコミュニケーションデザインの活用方法を勉強します。

事業分析もユーザー分析も経験したか数が重要です。顧客や気になる企業のビジネスをフレームワークで何度も分析すると誰でも必ず使いこなせるようになります。

はじめに
00:01

ウェブ解析の事業の把握から①
14:40

ウェブ解析の事業の把握から②
18:29

顧客を把握するフレームワーク①
16:02

顧客を把握するフレームワーク②
10:54

事業分析に役立つウェブ解析ツールの活用
16:19
+
第二章 演習問題
3 Lectures 18:49
問1
03:55

問2
08:53

問3
06:01
+
第三章 KPIと計画立案
7 Lectures 01:17:41

事業目標売上が1000万円。現状は800万円。それでは目標を達成するためには何人集客すればよいのでしょうか?ウェブ解析を使って事業の成果につなげるためには、この質問に答えられなくてはなりません。

こう書くと当たり前の話ですが、現状多くの企業では異なります。例えば、広告予算を決めるときに、目標の売り上げなどを決めてから予算を決めているでしょうか?とりあえず思いつきで、リスクのない費用から始めてみる、というような決め方をしていませんか?

そして、売上を伸ばすためにはウェブ解析でどの箇所を確認する必要があるのでしょうか?

どの箇所が売り上げに貢献するかはウェブサイトの目的によって異なります。不動産会社の物件紹介サイトとレストラン評価サイトでは目的が異なるため、測定するべき重要なデータも当然異なります。この重要な評価指標をKPIといいます。

事業の成果につなげるためには、事業目標から逆算してウェブに求められる指標を求める力が必要です。

事業分析とコミュニケーション分析で得られたヒントをウェブ解析で測定するためにはKPIが必要です。

Preview 00:01

ウェブ解析用語とKPIの理解①
12:45

ウェブ解析用語とKPIの理解②
09:21

ウェブ解析用語とKPIの理解③
13:19

計画を立案する
15:46

イーコマースの計画立案
12:18

リードジェネレーションの計画立案
14:11
+
第三章 演習問題
3 Lectures 31:03
問1
08:40

問2
17:02

問3
05:21
+
第四章 ウェブ解析の設計
9 Lectures 01:47:20

事業分析を行ったあと、KPIを定め計画立案をしても、そのKPIを正しく取得でき、実績が計画通り進んでいるかデータを収集する必要があります。そのためにはウェブ解析ソリューションを正しく設計をしなければいけません。設計は事前準備と言い換えてもよいでしょう。ウェブ解析のツール設置や設定、サイトの見直し、必要な定義を整えることを含みます。

ウェブ解析は設計が最も重要です。どんなに優秀なコンサルタントがどんなに高機能なソリューションを使っても、設計に失敗すれば必ずウェブ解析も失敗します。そのためにはウェブ解析ソリューションを選定するところから、特徴や定義を知らなければ正しく設計ができません。

ウェブ解析の設計はウェブサイトだけではありません。ソーシャルメディアの測定などアクセス解析以外のソリューションも含まれます。そして、店舗のデータや顧客データなどウェブ以外のデータとの連携を求められることもあります。

一方でウェブ解析では取得することが得意ではないデータもあります。それらも設計によって解決していく必要があります。

はじめに
00:01

アクセス解析ツールの選定①
17:38

アクセス解析ツールの選定②
05:32

アクセス解析ツールの選定③
16:03

事前設定①
10:27

事前設定②
16:43

アクセス解析が困難なソリューション
16:54

ウェブ解析との連携①
15:06

ウェブ解析との連携②
08:56
+
第四章 演習問題
3 Lectures 23:03
問1
12:18

問2
05:24

問3
05:21
+
第五章 全体傾向の解析
10 Lectures 01:36:03

アクセスログの全体傾向
06:47

ローデータの理解①
17:11

ローデータの理解②
10:51

ローデータの理解③
07:39

各指標の活用方法①
11:03

各指標の活用方法②
12:13

各指標の活用方法③
09:35

ウェブ解析の注意点
08:10

ウェブ解析の特徴と差異の理解
12:33
+
第五章 演習問題
3 Lectures 28:38
問1
09:01

問2
13:39

問3
05:58
6 More Sections
About the Instructor
一般社団法人ウェブ解析士協会 江尻 俊章
3.1 Average rating
4 Reviews
102 Students
1 Course
ウェブアナリスト, ウェブ解析, アクセス解析,Web解析,マーケティング, Marketing

一般社団ウェブ解析士協会は2010年からデータに基づき、事業の成果につなげるウェブ解析士を育成してきました。現在認定者は15000人を超え、世界最大のマーケティング人材を認定している社団法人です。

ウェブはもはやユーザにとって最も身近なメディアです。ウェブサイトに訪問したユーザの行動を調べることで、そのユーザの属性やニーズを知ることができます。このような情報はマーケティングにおいてとても重要な情報になります。ウェブ解析士はこれらウェブ上のユーザ行動を解析し、ユーザニーズから事業の成果につなげるための改善提案までを行う人材です。ウェブ解析士は特定のツールに依存しない認定資格です。テキストを読み、オンライン講座を受講すれば全国の試験会場で試験を受けることができます。

ウェブ解析士認定講座は初級ウェブ解析士公式テキストを利用します。講座受講前に一通り目を通しておくことをお勧めします。テキストには演習問題とその答えがあります。ウェブ解析士を目指すならば、一通り演習問題を解くことをお勧めします。

テキストはウェブ解析士協会公式サイトのオンラインショップ、Amazonで購入できます。Amazonでは書籍とKindleを取り揃えております。送料はかかりません。なお、書店での取り扱いはありません。

また、Kindleでは初級ウェブ解析士認定試験問題集も発売しています。試験に不安な方は試験問題集もチャレンジすると良いでしょう。

また、試験合格後、認定にはレポートを提出する必要があります。Googleアナリティクスでウェブ解析士協会のウェブサイトを分析し、レポートを提出することで合否が定まります