1日で学べる!Arduino超入門(ちょこっと体験編)

プログラミング未経験でもOK!IoT時代のコンピューティグ ”Arduinoのはじめの一歩” を体験しましょう!
5.0 (3 ratings)
Instead of using a simple lifetime average, Udemy calculates a
course's star rating by considering a number of different factors
such as the number of ratings, the age of ratings, and the
likelihood of fraudulent ratings.
41 students enrolled
$19
$20
5% off
Take This Course
  • Lectures 18
  • Length 1 hour
  • Skill Level Beginner Level
  • Languages Japanese
  • Includes Lifetime access
    30 day money back guarantee!
    Available on iOS and Android
    Certificate of Completion
Wishlisted Wishlist

How taking a course works

Discover

Find online courses made by experts from around the world.

Learn

Take your courses with you and learn anywhere, anytime.

Master

Learn and practice real-world skills and achieve your goals.

About This Course

Published 2/2016 Japanese

Course Description

Arduinoを通じてフィジカル・コンピューティングの「はじめの一歩」を体験する講座です。この講座はArduinoを学習するための「開発環境」や「Arduino言語(スケッチ)」の最初の基本を学ぶのに最適です。

内容は「超初心者向け」のため誰でも受講することが可能です。挫折してしまった方や一から書籍で学ぶのが億劫な方にもオススメ。また「ブレッドボードの配線」から「Lチカ」を体験することで素早く電子工作に入門できることもポイントです。Arduinoの学習を通じて、IoT(Internet of Things)で重要になるコンピュータ(マイコンボード)に体験しましょう!

※既に「Arduino」や「プログラミング」の学習を進めている方にとっては簡単すぎる内容かもしれませんのでご了承ください。


具体的には以下を行います。

・ブレッドボードを利用した部品(素子)の配線

・デジタル出力によるLEDの点滅(Lチカ)

・アナログ(PWM)出力によるLEDの点滅

・圧電ブザー(スピーカー)への出力

・スケッチプログラミング(Arduino言語)の解説

・簡単な「割り込み処理」

What are the requirements?

  • 一般的なITに関する知識(パソコンやインターネットの知識)
  • インターネットに繋がるパソコン(Windows または Mac)
  • 「Arduino本体」+「各部品」の準備(別途参考資料あり)
  • 視聴だけでも大筋の理解は可能!(後ほど部品購入を検討するのもOK)
  • レクチャー2の補足資料のダウンロード方法を参照してください

What am I going to get from this course?

  • Arduinoを通じてコンピュータとプログラムの「キホンのキ」を体験できます!このコースをきっかけに将来的には小さなアイデアを自分で実現できるようになるかも!?
  • 配線や電子部品の難しいイメージを払拭できるので、このコースを受講した次の日にはArduinoやマイコンボードがもう怖くないはず!
  • フィジカル・コンピューティングは創造性を育むことにも最適です
  • ブレッドボードの配線からLEDの点滅、圧電ブザーへの出力、簡単な割り込み処理を行うことで最も基本的な「制御」について肌で感じることができます
  • 今後も学習を進めることで、IoT(Internet of Things)の Things の中核であるマイコンやセンサ、アクチュエータを理解することにつながり、将来的には実世界(私たちの身の回りの世界)を自分のアイデアで豊かにすることが可能です。

What is the target audience?

  • Arduinoに興味を持っていて学習を検討している方
  • プログラミング未経験だけど電子工作に入門してみたい方も大歓迎
  • 親子でフィジカル・コンピューティング体験されたい方
  • 一から書籍で学習するのが億劫な方にも最適
  • 講義(動画)は短く区切ってあるのでスキマ時間を利用したい方にもオススメ

What you get with this course?

Not for you? No problem.
30 day money back guarantee.

Forever yours.
Lifetime access.

Learn on the go.
Desktop, iOS and Android.

Get rewarded.
Certificate of completion.

Curriculum

Section 1: ここから開始しましょう。
01:37

使用部品についてはキットの購入をオススメします。時間がかかったり選定ミスを考えるとむしろ低コストで済むはずです。また視聴していただいてから購入を検討していただくこともできます。

00:31
補足資料のダウンロード方法です。パソコンの場合とiPhoneの場合を載せています。
Section 2: Arduinoについて
01:45

Arduinoについての概要を説明します。ここで取り上げるマイコンボードは「ワンボード・マイコン」とも言われます。名称がたくさんありますが現時点では気にしないでください。

06:01

コンピュータとマイクロコントローラの概要を説明します。

03:19

デジタルとアナログのイメージを簡単に説明します。

04:07

このコースで使用する部品について簡単に説明します。LEDや抵抗は補足資料も参照ください。

02:52

ボードに搭載されていIOピン(黒いピンソケット)について説明します。

Section 3: Arduinoを動かしてみよう!
01:26

Arduino IDEについて説明します。IDE(Integrated Development Environment)は統合開発環境のことです。

01:51

スケッチについて解説します。Arduinoにはスケッチライブラリと呼ばれるサンプルのプログラムがたくさんあります。BLINKはその一つです。

03:59

スケッチをさらに見ていきます。スケッチはC言語風なのでプログラミング未経験者の方は補足資料(変数・データ型・関数)を参照して大まかなイメージを掴んでください。

Section 4: Arduinoをさらに動かして見よう!(Lチカ)
04:14

LEDを点滅させるための配線(回路作成)を行います。ブレッドボードとジャンパワイヤを使用してLEDを電気的に接続させます。プラス側(5V)とマイナス側(GND)が逆にならないように配線イラストを参考にしてください。

03:02

Cyoi_Uno_12同じLチカを異なるスケッチで行います。配線はそのままでスケッチに注目してみましょう。

05:42

Cyoi_Uno_14はスイッチが追加されます。配線(回路)がほんの少し複雑になります。

07:10

Arduinoのアナログ出力(PWM出力)を体験しましょう。

02:21

圧電ブザー(スピーカー)を使用して音を鳴らします(ドレミの音階)。

圧電ブザー(スピーカー)の接続は「赤の線をプラス側」に「黒の線をマイナス側」に接続します。

圧電ブザー(スピーカー)

http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-01251/

https://www.switch-science.com/catalog/472/

02:56

ここではさらにLED(赤)を追加しています。Delay(遅延)の機能に注目してみてください。Delayについては後ほど補足動画があります。配線が少し複雑になるので注意してください。

コラム:遅延(ディレイ)について補足
01:15
06:00

Cyoi_Uno_15と配線は同じです。Cyoi_Uno_15で体感したDelayの機能を「割り込み処理」によってオフにします。LEDの点灯に注目してみてください。

Students Who Viewed This Course Also Viewed

  • Loading
  • Loading
  • Loading

Instructor Biography

Takeo Suzuki, 組み込みソフトウェア

制御機器専門商社 → 組み込みLinuxベンダ → Software/Computer board distributor

そして現在、青柳良介(監修)のアシスタント兼超初心者向けの講師をさせていただいている鈴木と申します。

私自身も理解をするのに人の何倍も参考文献に触れなければならない経験をしてきました。しかしその経験が「わからない」→「わかる」に繋げるのに役立っていると自負しております。そして「わかる」と「できる」ようになり一気に楽しくなります。「超初心者」や「未経験者」の方、大歓迎です。一緒に学習していきましょう!


監修:青柳良介

元大手外資系通信機器メーカーにてエンジニアとして従事。組み込み開発においてハードウェア・ソフトウェアともに幅広く経験。回路設計からアプリケーションまでIoTで必要になるレイヤーを横断的に網羅しております。

Instructor Biography

Ready to start learning?
Take This Course