Apple Watchアプリケーション開発講座!スキルアップを目指す初級開発者向け swift 2.0 os1/2

日本最速水準のApple Watch開発講座!Appleが出すウェアラブル端末の開発を字幕つきで丁寧に学べる!20の基礎となるアプリケーションを作成することで実力がグングン上がる!
0.0 (0 ratings) Instead of using a simple lifetime average, Udemy calculates a
course's star rating by considering a number of different factors
such as the number of ratings, the age of ratings, and the
likelihood of fraudulent ratings.
25 students enrolled
$19
$20
5% off
Take This Course
  • Lectures 65
  • Length 7.5 hours
  • Skill Level All Levels
  • Languages Japanese
  • Includes Lifetime access
    30 day money back guarantee!
    Available on iOS and Android
    Certificate of Completion
Wishlisted Wishlist

How taking a course works

Discover

Find online courses made by experts from around the world.

Learn

Take your courses with you and learn anywhere, anytime.

Master

Learn and practice real-world skills and achieve your goals.

About This Course

Published 1/2016 Japanese

Course Description

AppleWatchのアプリケーションを作成できるようになりたいならこの講座を学ぶだけでできるようになる!

充実したコース内容をご紹介します。

  1. AppleWatch開発の基礎知識
  2. Watch Object libraryのobjectすべての知識/14個のアプリケーションを作成してobjectの使い方を理解する
  3. アニメーションの作成方法/画像の保存
  4. カウンターアプリケーションの作成
  5. スライダーで華氏と摂氏を返還するアプリケーションの作成
  6. 絵文字入力可能なアプリケーションの作成/フォースタッチ/コンテキストメニュー
  7. AppleWatchでのMovieの再生
  8. 通知機能を実装したアプリケーションの作成
  9. iPhoneとWatchでの通信アプリケーション
  10. Audio機能を持ったWatchアプリケーション
  11. WatchでiPhoneアプリケーションを遠隔操作できるアプリケーション

AppleWatchの画面で扱う「Object」を全て解説!

しかもサンプルを作ることを目的としたチュートリアル形式だから、何度でも見返して使える。

アプリケーションを作成できるようになることは、決して全ての知識を詰め込むことではありません。

「この表現をしたい時はどうだったかな?」と「知識の引き出し」を充実させることです。

本講座はその「知識の引き出し」を充実させるためのコースです。

Xcodeの操作に慣れてきた」「iPhoneのアプリケーションを作成できるようになったから、さらにスキルを上げたい」そう考えるキャリアアップのための講座です。

「字幕つき」なのでコースの音声を必死に聞き取ってコードを書く必要はありません。

画面を凝視して動画のXcodeの文字を読む必要はありません

手順に従ってコードを打つだけで自分の手でAppleWatchのアプリケーションを作成できます。


次のテクニックを学びたいなら迷わずこの講座を選んで

AppleWatch開発を始めましょう!

What are the requirements?

  • Mac
  • swift2.0
  • Xcode6.3以上の操作に慣れている

What am I going to get from this course?

  • AppleWatchアプリケーションの画面のデザイン
  • AppleWatchのOS1とOS2の違いを把握
  • watchアプリケーションでTimer機能を使いこなす
  • 複数の通知に関する機能を扱うアプリケーションを作成できるようになる
  • WatchアプリケーションでiPhoneアプリケーションを操作できるようになる
  • WatchとiPhoneを併用したライブラリを扱うアプリケーションを作成できるようになる

What is the target audience?

  • 脱初心者を目指すIOSデベロッパー
  • swiftでのプログラムをもっと進めたい方

What you get with this course?

Not for you? No problem.
30 day money back guarantee.

Forever yours.
Lifetime access.

Learn on the go.
Desktop, iOS and Android.

Get rewarded.
Certificate of completion.

Curriculum

Section 1: 未知の領域のデバイスAppleWatch
03:59

講座の内容と必要な機材についての説明

Mac

Xcode7.0.1


04:57

AppleWatchの開発ではMacとXcode6.2以上のバージョンが必要になる

本講座ではXcoe7.1とswift言語で開発を進めていくために、Apple公式サイトからXcode7.1をダウンロードする手順を説明する

Section 2: Interface.storyboardの特徴
07:49
  1. 新規watchAppの作成
  2. プロジェクトの設定
  3. ExtensionとAPPの違い
  4. watchシミュレーターの起動の方法
  5. レクチャーのポイント
08:22
  1. 38mmと42mmの画面のサイズ
  2. objectを配置する際の約束
  3. HorizontalとVertical
  4. 画面のサイズでデザインを使い分ける
06:09
  1. objectのsizeの設定方法
  2. プレビュー画面を設定
  3. Size to Fit Content
  4. Relative to Container
  5. Fixed
06:05
  1. Title
  2. Insets
  3. Specing
02:44

新規画面の追加、管理ClassFile、設定を見ていく

05:14

push/modalnなど画面の移動を作成できるようになる

watchのobjectに関するガイダンス
02:06
09:41
  1. Groupについて
  2. GroupのHorizontalとVertical
  3. Group in Group
  4. Separator
Section 3: WKInterfaceLabelの挙動
00:40

Labelセクションで学習することの要点

09:49
  1. Labelのサイズ設定
  2. Min Scale
  3. Lines
  4. Objectの接続
  5. プログラムでTextを設定
09:23
  1. Fontの種類
  2. なぜか効かないFontインスペクタ
  3. プログラムでFont指定
  4. Textの優先順位
13:32
  1. アンダーラインと打ち消し線
  2. 指定範囲の文字の色の変更
Section 4: WKInterfaceButtonの挙動
07:09

ButtonでLabelにHelloと出力

10:53

属性付きの文字列をTitleに設定や、Buttonの背景色を変更させるメソッド

08:48

iPhoneのButtonと同じく画像の設定

ButtonでGroupを活用する
09:07
Section 5: Switch/Slider/Date
06:53

AppleWatchのSwitchを学習

05:00

スライダーの基礎的挙動

10:49

値に応じて色を作成する関数を作成してスライダーのバーの色を変更させるアプリケーションの作成

05:37

iPhoneのDateとの差は無いが暦の表示をさせる設定を抑えておく

Section 6: WKInterfaceTimerの挙動
05:39

WKInterfaceTimernの概要と基礎的な挙動

12:15

タイマーAPPの形式のひとつ、カウントダウンのAPPを作成する


09:18

現時点の知識の範囲で作成できるStopWatchを作成する

Section 7: Imageを使った画像の表示とアニメーションの作成
05:33

WatchAPPとExtensionという2種類の画像の保存場所の違いと追加の方法を学習していきます

11:45

WatchOS2.0になったことで今までとExtensionの中での画像のキャッシュ化の扱いが変わりました

その違いの説明とサンプルアプリケーションを作成します

06:48

スライシングの説明

07:23

Interface.storyboardを使いimageのアニメーション設定を行えるようにする

Section 8: オブジェクトを応用したアプリケーションの作成
09:34

単純なカウンターをWatchAPPで作成する

05:47

前回の続きでカウンターを作成していく

13:14

スライダーを動かすだけで摂氏と華氏を返還するスライダーを作成する

Section 9: 文字入力とセットメニュー
00:40
Watchの文字入力や操作で扱うフォースタッチ

などセクションの説明

09:07

Watch独自のTextInputControllerを作成してみる

09:05

インプットコントローラーで時間切れを実装する

03:56

IOS9から実装されたフォースタッチのメソッドを学習する

06:55

コンテキストメニューでタイマーを操作できるようにする

Section 10: Table表示の理解
06:30

テーブルの作成

04:29
  • 「Tableの列をタップすると詳細ページを開くアプリケーション」を作成します


Section 11: WKInterfacePicker/WkInterfaceMovie
07:03

movieObjectの説明

10:46

テーブルをメニューとして扱い詳細のページに行くAPP

Section 12: Glanceについて
05:31

Glanceに関する説明

03:54

Glanceを最初に作成しなかった場合に追加する方法

Section 13: Notification(通知機能)の作成
06:54

Watchの通知画面の説明

02:38

ローカル通知とリモート通知の違うを把握する

09:05

カスタム通知画面の説明と作成その1

10:41

カスタム通知画面の作成その2

05:40

iPhoneで通知の行う際はユーザの許可が必要になるのでアラートで許可をもらえるように設定する

08:14

複数の通知画面を持つAPPの作成をおこなう

Section 14: IOSAPPとの連携
01:01

本セクションで学習するのは「データの連携」です

これはNSデータの保存位置をiPhoneとWatchAPPで共有することで擬似的な通信を行うことができるようになるアプリケーションを作成することで学習できます

データの保存位置を共有することはAPPグループという機能を使うことで可能になります

まずその設定の方法を学習します

そしてその機能をiPhoneとWatchで扱うアプリケーションを作成します

データの保存位置を共有することができれば将来的にはiPhoneやWatch 以外のデバイス、AppleTVやiPodでもデータの共有ができます

IOT,いわゆるモノのインターネット化を実感出来るセクションです

張り切って学習しましょう

09:11

Developer登録を行うことでAPPグループを作成をできる

08:34

NSデータを共有することでアプリケーションで情報を共有する

08:16

前回の続き

07:40

仕上げ

Section 15: AudioPlayerの作成
00:55

ライブラリを使うことで幅広いAPPの作成を行えることができることを認識する

07:38

OS2のバグを把握してOS1と共通の機能であるAudioライブラリを活用してAudioPlaeyerを作成する

07:10

音楽再生APPの作成

04:25

APPのデザインにおける課題を見つけ出し改良を加えていく

08:33

前回の考察で行ったAPPの試作を作成する

Section 16: WatchConnectivity
05:47

WatchConnectivityの活用してWatchでiPhoneAPPを操作できるwatchとiPhoneAPPの連携しているアプリケーションを作成していく

08:01

WatchConnectivityの活用してWatchでiPhoneAPPを操作できるwatchとiPhoneAPPの連携しているアプリケーションを作成していく

09:23

WatchConnectivityの活用してWatchでiPhoneAPPを操作できるwatchとiPhoneAPPの連携しているアプリケーションを作成していく

07:38

WatchConnectivityの活用してWatchでiPhoneAPPを操作できるwatchとiPhoneAPPの連携しているアプリケーションを作成していく

WatchConnectivityの活用 Delegateの実装 その1
07:50
08:02

WatchConnectivityの活用 Delegateの実装 その2

Students Who Viewed This Course Also Viewed

  • Loading
  • Loading
  • Loading

Instructor Biography

株式会社イーグルツリーはITを主軸に置く福岡県福岡市に本社を置く企業です

IOS、Androidにおけるスマートフォンアプリケーションの開発を得意分野としており特にIOSではSwiftの開発をメインに行っています

数多くのアプリケーション開発に携わり、受託開発や開発指導を行っています。

2013年 株式会社リアルタックのIT部門として事業開始

2015年9月 株式会社リアルタックのIT部門を独立させ株式会社イーグルツリーを創立

2016年7月 福岡市商工会議所インキュベーター施設入居

福岡市認定事業者に制定されました。

Ready to start learning?
Take This Course