【世界で4万人が受講】 実践!AngularJS講座

世界中で人気のAngularJS講座の日本語版。AngularJSの”なぜ”をしっかりと解説します。仕組みを理解して使える本物のエンジニアを一緒に目指しましょう!
4.3 (54 ratings)
Instead of using a simple lifetime average, Udemy calculates a
course's star rating by considering a number of different factors
such as the number of ratings, the age of ratings, and the
likelihood of fraudulent ratings.
308 students enrolled
$19
$150
87% off
Take This Course
  • Lectures 53
  • Length 8 hours
  • Skill Level All Levels
  • Languages Japanese
  • Includes Lifetime access
    30 day money back guarantee!
    Available on iOS and Android
    Certificate of Completion
Wishlisted Wishlist

How taking a course works

Discover

Find online courses made by experts from around the world.

Learn

Take your courses with you and learn anywhere, anytime.

Master

Learn and practice real-world skills and achieve your goals.

About This Course

Published 5/2016 Japanese

Course Description

世界中で4万人を超える受講生が既に学習したAnthony Alicea氏人気コース(Learn and Understand AngularJS)が、完全日本語版として登場しました!

Angular2やReactなどが流行っていますが、まだまだAngularJSで作っていくアプリケーションや保守・運用していくアプリケーションはこの先も増えていきます!

AngularJSを習得することでWebページにフォームを作成し、その内容をチェックするなど、従来であれば大量のコードが必要であったものを簡単に行えるようになります。また、Directiveと呼ばれる仕組みを覚えることで、再利用可能なたくさんの部品を使いながらサービスを構築できるようになります!

この講義はAngularJSをコツコツ、ただし効率よくスピーディー仕組みとともに学べる講義です!実際にWeb上で天気予報アプリを作りながら必要なコーディングを学ぶことができます!講義の中で使ったコードも修正前修正後共に提供しています!

このコースを受講することで

  • AngularJSが解決してくれる問題を「生」のJavascriptやHtmlの観点から理解できるようになる
  • AngularJSが「どのように」動いているか「生」のJavascriptやHtmlの観点から理解できるようになる
  • AngularJS特有の仕組み、例えばDependency Injection、Service、Directive、Transclusionを理解し、使えるようになる
  • そもそも「Dependency Injection」って?というところを理解できるようになる
  • 自作Directiveを作って再利用可能な部品を作れるようになる
  • SPA(シングルページアプリケーション)とは何か、また、どのように動作しているのか理解できるようになる
  • AngularJSでSPAが作れるようになる


!!!注意!!!
AngularJSには1.x系と2.x系の2種類があります。これらは全くの別物で、このコースは1.x系をターゲットにしています。また、コース内では1.x系の基本部分を中心に説明しているため、AngularJSをすでに業務等で使いこなしていて、最新機能の説明が必要な方には適さない内容となっていることをご了承ください。
さらに、この講座の内容を習得するには基本的なJavascriptの知識が必要になりますので、Javascript自体が初めての方は先にほかのコースで基本部分だけ学習いただくことをお勧めします。

What are the requirements?

  • ブラウザとテキストエディタ
  • HTML、Javascriptに関する基礎知識

What am I going to get from this course?

  • AngularJSで使われているJavascriptのそもそもの仕組みの理解
  • AngularJSの裏側の仕組みを知ることでより品質の高いコードがかけるようになる
  • AngularJS特有の仕組み、例えばDependency Injection、Service、Directive、Transclusionに関する理解
  • Dependency Injectionのもたらすメリットの理解
  • カスタムDirectiveを作って再利用可能なコンポーネントを作れるようになる
  • SPA(シングルページアプリケーション)が何か、また、どのように動作しているのかわかるようになる
  • AngularJSでSPAが作れるようになる
  • AngularJSの仕組みについて自信をもって答えられるようになる

What is the target audience?

  • AngularJSをこれから学びたいと思っている開発者やデザイナ
  • AngularJSに挑戦したことがあるが、挫折してしまった、あるいはまだ難しいと感じている人
  • jQueryやBackboneを使っているが、「自分で書かないといけないことが多すぎる!」と感じている人

What you get with this course?

Not for you? No problem.
30 day money back guarantee.

Forever yours.
Lifetime access.

Learn on the go.
Desktop, iOS and Android.

Get rewarded.
Certificate of completion.

Curriculum

Section 1: ようこそ!
はじめに
Preview
03:51
AngularJSにおけるBig Word
Preview
02:26
Section 2: Model、View、ホワットエバー???
AngularJSが解決しようとしている問題
Preview
07:52
02:58

Model、View、Whateverについて

HTMLのちょっと寄り道 - HTMLカスタム属性
Preview
05:56
Javascriptのちょっと寄り道 - グローバルネームスペース
Preview
06:19
サンプルソースコードのダウンロードについて
Preview
Article
Module, App, そしてController
Preview
07:48
Section 3: ServiceとDependency Injection (依存性の注入)
Javascriptのちょっと寄り道 - Dependency Injection (依存性の注入)
Preview
10:10
Scopeサービス
Preview
08:00
Javascriptのちょっと寄り道 - functionとstringを理解しよう
Preview
07:39
AngularがどのようにDependency Injectionをやっているか
Preview
05:04
他のサービスも使ってみよう
Preview
12:42
他のサービスも使ってみよう(その2)
Preview
15:14
Javascriptのちょっと寄り道 - ArrayとFunctionについて
Preview
02:45
Dependency InjectionとMinification
Preview
12:43
Section 4: Data BindとDirective
Scopeとインターポレーション
07:34
Directiveと双方向Binding
12:38
イベントループ
04:14
$watchと$digestループ
12:00
$watchと$digestループその2
09:22
よく使われるDirective
19:49
よく使われるDirectiveその2
05:23
XMLHTTPRequest Object
08:51
外部データと$http
04:35
Section 5: シングルページアプリケーション
複数のControllerとView
05:12
SPAとハッシュについて
10:33
Routing Template そしてController
17:09
Routing Template そしてControllerその2
06:15
Section 6: サービスの自作
Javascriptのちょっと寄り道 - Singleton
06:17
Serviceを作ろう
14:50
Section 7: Directiveの自作
HTMLのちょっと寄り道 - 再利用可能なComponent
03:04
JavascriptとAngularのちょっと寄り道 - 変数名と標準化
08:12
Directiveを作ろう
18:56
Templateについて
04:11
Scope(@, =, などの意味について)
18:24
Scope(@, =, などの意味について)その2
08:08
Scope(@, =, などの意味について)その3
11:17
Directiveをng-repeat
04:05
Compileを理解しよう
18:57
Linkを理解しよう
02:50
Transcludeを理解しよう
06:36
Section 8: 天気予報SPAを作ろう!
天気予報SPAを作ろう
13:14
天気予報Serviceを作ろう
05:49
天気予報データを取得しよう
16:15
天気予報データを取得しようその2
Preview
12:24
天気予報データを取得しようその3
08:48
天気予報Directiveを作ろう
15:00
Section 9: おまけ講義
ng-submitでUXを改善しよう
06:39
大規模アプリを意識したServiceの改善
07:49
Controllerのネスト、読みやすいコード、そして'Controller as'について
11:00
Section 10: Angular2に向けてのあれこれ
ES2015、TypeScript、そしてAngular2
10:32
Section 11: まとめ
まとめ
02:49

Students Who Viewed This Course Also Viewed

  • Loading
  • Loading
  • Loading

Instructor Biography

Ken Fukuyama, Software Developer

 私はアメリカで生まれ、10歳のときに日本に来ました。幼いころからパソコンに興味はあったものの、英語教師を目指していた為大学は大阪外国語大学(現在の大阪大学外国語学部)に入り、イギリス文学を勉強しながら教員免許を取得しました。大学3年生が終わる頃にやはりパソコンの知識を増やしたいと思い、1年間大学を休学し、情報学科の大学院に入る為に勉学に励みました。がしかし大学院は不合格となってしまい、浪人の道は選ばずに就職を決意。文理問わず新入社員を受け入れてくれる会社に出会い、大学卒業後(24歳)に初めて本格的にプログラミングを始めます。

 C言語から始まりましたが、本格的なアプリケーションはC#でASP.NET、ADO.NETを使った業務WEBアプリケーションを作成。「Excel + VBA + 人の手が介入」するフローの中に(使える言語やリソースが制限されていた為)Ruby + PowerShellを使って可能な限りの自動化を実現。
 後にはソケット通信によるバイナリの電文解析を行うWindowsアプリケーションを作成。さらにPostgreSQL+PostGISによる地図データ、地理情報を組み合わせたWindowsアプリケーションを作成しました。

 Web(特にJavaScript)に興味を持ち始め、Ruby on Railsを使って趣味でWebサービスを作っていましたが、Node.jsやSPA(Single Page Application)フレームワークの人気が上昇する中、MEANスタックで簡単なWebサービスを作成。それからJavaScriptでの開発の楽しさにのめり込みます。Webアプリケーション(特にSPAを使ったもの)をプロとして作っていきたいという思いが強くなり、転職を決意します。.NETでの開発経験が長かった為、JavaScriptの開発には基本的にはTypeScriptを使い、SPAのフレームワークやライブラリにはBackboneJS、AngularJSを採用。ハイブリッドアプリの作成も行っている為、ionicを使ったアプリケーション作成も行っています。

 私はとにかくプログラミングが好きです。家族との時間以外は全てプログラミングに費やします。中でも特にJavaScriptが好きで、フレームワークやツールがどんどん増えていく中、最新の技術にキャッチアップしていくのは苦しいというより楽しいと感じています。様々な技術を追っていく中で、大事なのはその技術を知っている人から学ぶチャンスがあるかどうかというのがポイントかと思っています。もともと教師を目指していたというのも関連しているのか、私は自分が持っている知識を人に共有するのも好きです。わからないことがある人を助けたいという思いも強いです。Udemyの講師を始めたのも以上の理由があってのことです。

困っている人を助けたい。一緒に良いものを作っていきたい。

この思いを一番大切にしています。

Instructor Biography

Anthony Alicea, Software Developer, Architect, and UX Designer

Newly married in Cleveland Ohio, Tony is primarily focused these days on trying to be a good husband. While inexperienced at that, he's quite experienced in all things web.

Tony has been programming since he was 12 years old, and got into web sites and web application development at 16. After graduating with a Computer Science degree from Case Western Reserve University, Tony continued with that interest as a Microsoft certified software application developer and architect, database designer, and user interface designer.

His experience has ranged across technologies such as HTML5, CSS3, ASP .NET MVC, JavaScript, jQuery, KnockoutJS, AngularJS, NodeJS, LESS, Bootstrap, SQL, Entity Framework and more.

He believes strongly that deeply understanding any topic allows you to properly learn it and, even more importantly in a real-world environment, quickly overcome problems.

He also has a deep interest in human nature and behavior, and how that impacts human-computer interaction. This interest translated into extending his career into user experience design and usability research.

Another link in the chain is his 25 years of experience in public speaking and teaching, both in front of large groups and as a one-on-one private instructor.

Putting all these pieces together, he has spent his career listening to a client need, designing a database and software to meet that need, building it, testing it, teaching others how to use it, then improving user experience by watching people actually use it and adjusting accordingly.

Tony loves teaching every aspect of what he does, and even more loves teaching in a way that imparts understanding, as opposed to just examples intended to be parroted. He loves that moment when a student 'gets it', and that's what he wants for you when you take one of his courses.

He has found that those that learn purely by example, and not by understanding, end up much more limited than they need to be.

"Examples need to be built on top of context, and once you have context, you can not only copy the examples you find, but adjust and improve upon them."

He firmly believes that everyone has the ability to develop software, if they are just taught properly. Including you.

"It is my pleasure and privilege to teach you. I hope you'll come away knowing something you didn't before, understanding at a level deeper than before, and feeling positive that you can accomplish what you've set out to accomplish. Thank you!" - Tony Alicea

Ask Tony a question, read a post, or follow him around internet.

Ready to start learning?
Take This Course