【3日でできる】はじめての Ruby on Rails 4 入門(RubyがはじめてでもOK!)

Ruby on Railsをマスターしたら、あなたはどんなWebサービスを作りますか?
3.9 (43 ratings) Instead of using a simple lifetime average, Udemy calculates a
course's star rating by considering a number of different factors
such as the number of ratings, the age of ratings, and the
likelihood of fraudulent ratings.
492 students enrolled
$19
$90
79% off
Take This Course
  • Lectures 73
  • Length 5.5 hours
  • Skill Level Beginner Level
  • Languages Japanese
  • Includes Lifetime access
    30 day money back guarantee!
    Available on iOS and Android
    Certificate of Completion
Wishlisted Wishlist

How taking a course works

Discover

Find online courses made by experts from around the world.

Learn

Take your courses with you and learn anywhere, anytime.

Master

Learn and practice real-world skills and achieve your goals.

About This Course

Published 2/2016 Japanese

Course Description

このコースは

  • Ruby on Railsで短期間にウェブサービスを開発したいあなたが
  • 現役エンジニアから
  • Rubyの基礎から、Railsによるウェブアプリ開発を学べます。

Ruby on Railsは、インスタグラムやAirbnbなど人気サイト構築に使われている、短期間でWebサービスを作るためのライブラリです。

この講座で学ぶと、

  • Ruby on Rails 4 の開発環境を確実に構築できます。
  • はじめてRubyを学ぶ方でも、Rubyを基礎から学べます
  • Railsの開発に必要なHTMLの知識を学べます。
  • 1つめのチュートリアルで
    • Railsの動作の仕組み(データベースとプログラムの連携)を段階的に学べます。
  • 2つめのチュートリアルで
    • コード自動生成(Scaffolfding)機能による高速開発
    • Bootstrapによるモダンなデザインの適用
    • アプリケーションの日本語化
      など実践的スキルを学べます。
  • Rails 4最新版、SQLite3を使用します。

ぜひ、この機会にRuby on Railsをマスターして、アイデアをカタチにしてみませんか?

***独学ではなく、オンラインフォーラムでわからないところは何回でも質問して、問題を解消しながら、安心して学べます。***

***受講上の注意***

このコースは2016年はじめにRailsバージョン4をベースに収録されました。

そこで、Rails 4.2の最新版をインストールして学習を進める必要があります。

方法はコース内で解説しています。

Rails バージョン5については別途収録していますので、完成次第ご連絡いたします。

***このコースに不向きな方***

  • Rubyだけを勉強したい方
  • HTMLについて学びたくない方


What are the requirements?

  • パソコン(Windows 7以上、またはOS X 10.11以上)
  • Ruby on Rails 4(無償、講義の中でインストール方法を解説します)
  • Ruby(無償、講義の中でインストール方法を解説します)

What am I going to get from this course?

  • Rubyの基本文法について理解できるようになる
  • データベースと連動したアプリケーションをRuby on Railsで作成できるようになる
  • Railsのコマンドやメソッドを理解できるようになる

What is the target audience?

  • Ruby on Rails 4を使って、Webデータベースアプリケーションを開発してみたい方
  • 環境構築が難しくてRailsの学習をあきらめてしまった方
  • できるだけ短期間に、スタートアップのプロダクトを開発したい方
  • スマホアプリのバックエンドプログラムをRuby on Railsで構築したい方

What you get with this course?

Not for you? No problem.
30 day money back guarantee.

Forever yours.
Lifetime access.

Learn on the go.
Desktop, iOS and Android.

Get rewarded.
Certificate of completion.

Curriculum

Section 1: Railsの基礎知識と環境構築
01:43

Ruby on Railsでどんなことができるか、を学びましょう。

01:28

この講座の効果的な学習方法を学びましょう。

Rails 4のインストールの注意
Article
02:56

OS X(Mac)環境にRailsをインストールしていきましょう。

04:10

OS X El Capitan(10.11.x)では、システムの標準設定が変わり、gem install railsコマンドではうまくrailsコマンドがインストールできないことがあります。

そこで、このレクチャーでは、-nオプションを使用して、/usr/local/binディレクトリにrailsコマンドをインストールしていきます。

Article

OS X(10.11)以上では、OSの仕様によって、railsコマンドのインストールやbundle installに失敗することがあります。

05:29

RailsInstallerを使用して、RubyやRailsをまとめてインストールしましょう。

03:18

railsコマンドが使用できるようにパスの調整をします。

Article

みなさんの環境に、Ruby on Railsをインストールしましょう。

Section 2: Ruby言語の基礎(Ruby未習者対象)
03:06

Rubyの概要と、用途について学びます。

Article

Windows環境をご使用の方への注意事項です。

Article

詳細な仕様は、こちらのオンラインマニュアルを参照しましょう。

http://guides.rubyonrails.org/

日本語で書かれているので、読みやすいです。

また、みなさんのインストールしたRubyのバージョンのマニュアルをチェックするように注意しましょう。

02:14

Rubyの最大の特徴である、オブジェクト指向について学びましょう。

04:43

Rubyの処理、メソッドと引数について学びましょう。

03:41

変数に値を入れて、出力してみよう。

01:12

Rubyで使える変数のタイプについて学びましょう。

02:50

文字列データの扱いについて学びましょう

06:01

二重引用符で囲まれた文字列内に、式や変数を埋め込む方法を学びましょう。


#=> で注釈コメントをつけてみましょう。

06:07

バックスラッシュで、特殊文字を埋め込む方法について学びましょう。

03:51

異なるデータ型を変換して、処理する方法を学びましょう。

to_i, to_s, to_f、などがあります。

09:42

Rubyで配列型データを扱ってみましょう。

11:04

条件によって、処理を分岐したり、繰り返したりする制御式について学びましょう。

01:33

繰り返し処理について学びましょう

07:28

複数の条件で分岐するcase式を学びましょう

09:12

例外処理(breakとrescue)について学んでいきましょう。

09:34

Rubyにおける時刻や日付の処理について学びましょう。

10:07

ハッシュ(連想配列)クラスを使って、キーと値のセットのオブジェクトの生成や、eachメソッドによるオブジェクトの処理について学びましょう。

Section 3: HTML・JavaScript・CSSの基礎
06:40

HTMLの基礎を学びましょう

05:38

CSS(スタイルシート)の動作の仕組みを理解しましょう。

02:56

JavaScriptの概要について学びましょう。

02:06

JavaScriptをHTMLファイルに追加してみましょう。

12:11

jQueryの動作の仕組みについて学びましょう。

スライドショーの画像データ
Article
05:48

Twitter Bootstrapの概要を学びましょう。

Section 4: Railsではじめてのウェブアプリを作ろう
03:03

はじめてのRailsプロジェクトを追加してみましょう。

02:31

追加したプロジェクトのフォルダ構成をチェックしてみましょう。

01:55

Rails内蔵サーバを使用して、プロジェクトにアクセスしてみましょう。

01:34

Rails内蔵サーバの停止と、再起動方法を学びましょう。

課題2:Rails内蔵サーバーを起動してみよう
Article
00:48

Railsの環境チェックをしてみましょう。

もし、うまく表示されない場合は、設定をやり直してみましょう。

自分で解決できない場合は、お気軽にディスカッションに投稿してください。

一緒に解決していきましょう!

05:26

コントローラーとアクションを追加してみましょう。

03:18

welcomeコントローラのindexアクションにルーティング設定をしましょう。

07:31
書籍データを登録するresource宣言を追加しましょう。
04:52

Booksの登録ビューを作成してみましょう。

04:55

ビューに入力フォームを追加してみよう

03:57
書籍の登録アクションを作ってみましょう
06:09
書籍データを格納するためにBookモデルを作りましょう
02:46

投稿されたデータをデータベースに保存する処理を追加しましょう。

04:52

登録したデータを表示するビューを追加しましょう。

02:50

書籍データが正しく登録されるように、ホワイトリストを追加しましょう。

07:35
書籍データの一覧表示処理を追加してみましょう。
課題3:書籍データを登録し、一覧表示してみよう
Article
06:57

Railsのリンク機能を使って、ハイパーリンクを設置してみましょう。

課題4: リンクを追加してみましょう
Article
04:47

値の有効性をチェックするバリデーション機能を追加してみましょう。

03:20

データの編集処理を追加しましょう。

02:22

編集結果を反映する処理を追加しましょう

02:17

同じ処理をひとつにまとめましょう。

03:35
書籍の一覧表示に、表示と編集のリンクを追加しましょう。
07:00

データの削除処理を追加して、アプリを完成させましょう。

課題5: 最後までアプリを完成させてみよう
Article
Section 5: Scaffoldを使用した高速開発
04:54

前のセクションのまとめと、Scaffoldingの仕組みについて学びましょう

11:26

Scaffoldingを使用して、テーブルに対応するCRUDコードを自動生成してみましょう。

04:45

生成されたコードを実行してみましょう。

08:31

RailsのプロジェクトにTwitter Bootstrapを適用してみましょう。

01:55

レスポンシブメニューなどを追加して、Bootstrapらしいページにしてみましょう。

12:34

Railsの国際化(i18n: internationalization)の仕組みを学びましょう。

08:26

書籍名や、出版社名などをテーブルのフィールド名でなく、日本語で表示してみましょう。

02:58

英語用の複数形表示処理を日本語ロケールで無効にしてみましょう。

Section 6: ボーナストラック
07:07

Windows環境にRubyをインストールしてみましょう。

Ruby 2.3.1のインストール(OS X)rbenvのインストール
09:04
Ruby 2.3.1のインストール(OS X)rbenv initの実行
01:40
Rails5のインストールとプロジェクトの追加
02:20

Students Who Viewed This Course Also Viewed

  • Loading
  • Loading
  • Loading

Instructor Biography

井上 博樹 (Hiroki Inoue), Web/Mobile App Engineer、Udemyコース制作支援

Hiroki Inoue is a software engineer since 1992. Hiroki Inoue has been taught Web programming at Dokkyo University in Japan, and also on Udemy since November 2014 and now offering 10 courses for 5,700 students. Hiroki Inoue started a consultancy in 2007 to support institutions and corporations to leverage technology in education. Also Hiroki provides 10 courses on Udemy; Complete Web Developer 2.0 (Localized Rob Percival's best seller course), iOS 10 App Dev, Linux, Linux/Docker, Java, Ruby on Rails, WordPress, Android App Dev, PHP7/Laravel, Moodle He loves to play tennis in weekend.

シンクタンク・大学講師を経て、ワシントンD.C.の教育系スタートアップ(Blackboard)に参加、オンライン教育プラットフォーム開発や多言語化、アジア展開などを担当。NASDAQ IPOを経験した後、起業。

世界最大のオンライン学習サイト・Udemyでのべ約5,700名以上にプログラミング講座を10コース提供中。対面でもプログラミングワークショップ(Hour of Code, スマホアプリ開発、Raspberry Pi による電子工作)を地域の中高で定期的に開催している。

2016年11月にはUdemyのベストセラーコース "Complete Web Developer 2.0" をローカライズ、世界で30万人近くが学ぶ最先端のウェブテクノロジーと起業を教えるコースを日本語環境に最適化。

大学・企業、塾・予備校などへの教育研究支援、オンライン教育プラットフォーム(LMS/Moodle/Canvas/Blackboard)導入、反転授業・ブレンデッドラーニング・パーソナライズドラーニング(個別学習)の導入支援、映像授業制作、教育アプリ開発などを提供している。著書に「Moodle入門(2007年)」「Moodle2ガイドブック(2013年)」「反転授業マニュアル(2014年)」「動画xスマホで稼ぐ(2014)」「エンジニアのためのオンライン講座制作ガイド(2016年近刊)」などがある。

また、2014年よりネパールにおける教育支援プロジェクト、"Lights For Everyone" プロジェクトを立ち上げ、ソーラーライトの提供や、SLC(高卒認定試験)対策を含むオンライン学習サイト構築などを企画・構築・運用している。

Ready to start learning?
Take This Course