1回の撮影から3つの作品を作り出す!3倍楽しい星景写真

1回(一晩)の撮影で、星が点像として写る星景写真、星が光跡として写る星景写真、夜空で星が動くタイムラプス動画と、3倍楽しめる撮影方法を学びます。
4.2 (8 ratings) Instead of using a simple lifetime average, Udemy calculates a
course's star rating by considering a number of different factors
such as the number of ratings, the age of ratings, and the
likelihood of fraudulent ratings.
99 students enrolled
Instructed by 及川 均 Photography / Landscape
$19
$70
73% off
Take This Course
  • Lectures 31
  • Length 1 hour
  • Skill Level Intermediate Level
  • Languages Japanese
  • Includes Lifetime access
    30 day money back guarantee!
    Available on iOS and Android
    Certificate of Completion
Wishlisted Wishlist

How taking a course works

Discover

Find online courses made by experts from around the world.

Learn

Take your courses with you and learn anywhere, anytime.

Master

Learn and practice real-world skills and achieve your goals.

About This Course

Published 2/2016 Japanese

Course Description

このコースは、星空と地上の風景を一緒に写し込む「星景写真」を撮影する知識と技術を身につけることができる内容となっています。


ただ、それだけではなく、1回(一晩)の撮影で・・・


・星が点像として写る星景写真

・比較明合成による星が光跡として写る星景写真

・夜空で星が動くタイムラプス動画


の3つの異なる作品を作り出すことができるように効率的に撮影する方法を紹介し、撮影後の素材を使って、実際に上記3つの作品を制作する方法までカバーしています。

星を光跡として表現する星景写真の制作(比較明合成)にはStarStaXというソフト、夜空で星が動くタイムラプス動画の制作にはPanolapseというソフトの使い方をそれぞれ紹介しています。(どちらもフリーのソフトです)

また、受講中にすぐにソフトを使ってみることができるようにサンプルの素材をダウンロードすることも可能です。(5-1:画像準備)

受講生は一般的な一眼レフカメラもしくはミラーレスカメラの最低限の基礎知識を持っている必要がありますが、それほど難しい内容ではありませんので、初級から中級くらいのレベルの方に向いています。

また、もし基本的な知識に自信がない方は、事前に同講師が担当している「誰にでもわかる基礎写真講座」の受講をおすすめします。


What are the requirements?

  • 一眼レフカメラ(もしくはミラーレスカメラ)、レンズ、三脚などの一般的な撮影機材が必要です
  • 写真の基礎的な知識と技術が必要です
  • 比較明合成には「StarStaX」というフリー(無料)ソフトが必要です
  • タイムラプス動画の製作には「Panolapse」というフリー(無料)のソフトが必要です
  • その他必要に応じてレタッチソフトが必要になる場合があります

What am I going to get from this course?

  • 星空と地上の風景を一緒に表現する「星景写真」が撮れるようになる
  • 比較明合成を用いて星を光跡として表現することができるようになる
  • 夜空の星の動きを表現するタイムラプス動画の製作ができるようになる

What is the target audience?

  • 風景写真の表現の幅を広げたい方
  • 星空の写真を撮ってみたい方
  • 星の光跡の写真を撮りたい方
  • 星の動きを動画として表現したい方

What you get with this course?

Not for you? No problem.
30 day money back guarantee.

Forever yours.
Lifetime access.

Learn on the go.
Desktop, iOS and Android.

Get rewarded.
Certificate of completion.

Curriculum

Section 1: 1.星景写真とは
02:13

星景写真についての説明と撮影方法の紹介します。

Section 2: 2.事前知識
00:41

星景写真を撮影する前に知っておきたい事前知識の目標を確認します。

03:54

星景写真を撮影するために必要な道具を紹介します。

01:59

季節による星座や見所を紹介します。

01:40

星が夜空を動く日周運動について説明します。

03:56

星景撮影に影響を及ぼす月齢について説明します。

01:32

星景写真に影響を及ぼす地上からの公害について説明します。

03:19

星景写真でよく使うクロスフィルターとソフトフィルターについて説明します。

01:14

事前知識のまとめです。

Section 3: 3.撮影
00:49

実際に星景写真を撮影するための目標を確認します。

01:53

星景写真撮影の撮影場所の決め方を説明します。

03:41

三脚やカメラなどのセッティングについて説明します。

01:49

星景写真を撮るためのカメラの設定について説明します。

05:39

星景写真に特化したカメラの設定について説明します。

02:36

星景写真を撮影する時のピント合わせの方法を説明します。

01:14

星景写真撮影時のテスト撮影の方法について説明します。

00:51

結露を防止するためのレンズウォーマーについて説明します。

01:45

実際に星景写真を撮影する方法を説明します。


*撮影前のチェックリストのPDFファイルをダウンロードできますので活用してください。

実際の撮影時には暗い中で準備から撮影までをすることになりますので、うっかりミスが多くなりますが、チェックリストを使うことで確実に撮影を行うことができるかと思います。(プリントするか携帯端末などにダウンロードすることで撮影現場で使用できます)

01:05

ノイズを軽減するためのダークショットについて説明します。

01:33

星景写真の撮影についてまとめます。

Section 4: 4.星が点像の星景写真
00:47

星が点像として写る星景写真の目標を確認します。

05:01

星が点像の星景写真の制作について説明します。

01:01

星が点像の星景写真についてのまとめです。

Section 5: 5.比較明合成による光跡写真の制作
00:45

比較明合成により光跡の写真を作る目標を確認します。

06:00

比較明合成用の画像の準備について説明します。


*ビデオ講義内で準備した写真と同じ素材がダウンロードできますのでご活用ください。(データ量が大きすぎるので解像度は下げてあります)

講座を終了してもすぐに撮影に行ける方は少ないかと思いますので、まずはサンプル素材をダウンロードしてソフトの使い方の練習に使ってください。(タイムラプス動画の練習にも使えます)

03:27

比較明合成により星が光跡として写る星景写真の制作について説明します。

01:12

比較明合成により星を光跡として表現する方法のまとめです。

Section 6: 6.タイムラプス動画の制作
00:42

タイムラプス動画の制作の目標を確認します。

08:27

タイムラプス動画の制作について説明します。

01:18

タイムラプス動画の制作についてのまとめです。

Section 7: 7.まとめ
02:15

本コース全体のまとめです。

Students Who Viewed This Course Also Viewed

  • Loading
  • Loading
  • Loading

Instructor Biography

及川 均, カメラマン

私は山梨県富士吉田市に生まれ、高校まで地元で過ごした後、早稲田大学理工学部(応用化学科)を卒業。

卒業後は電力系の会社に就職し、初の赴任で沖縄に住むことになりました。

元々水泳などが好きでダイビングをしたいと思っていたところへ沖縄赴任だったので、すぐにダイビングのライセンスを取って沖縄の海に潜り始めました。

その後ダイビングもステップアップし、インストラクターになって仕事としてもダイビングに携わるようになり、多方面(多分野)の方々と接するようになると「安定した仕事も大切だが、自由な仕事(人生)も悪くない」と思うようなりました。

同時に公務員のような電力系の仕事とその先の人生に疑問を抱くようになっており、就職して7年で退職し(ダイビングとほぼ同時に始めていた水中写真を仕事にしたいという思いから)ダイビングインストラクターをしながら水中カメラマンを目指すことにしました。

そうは言っても当然簡単な道ではなく、ダイビングガイドをしながら勉強や営業の日々が続きます。

やがて少しずつ仕事がもらえるようになってきて、「Gallery H」という屋号で事務所(個人事業)を構えて活動するようになりました。

その後も水中カメラマン兼ガイドとして活動を続けていましたが、なかなか水中写真だけで食べていくことは難しく、陸上の雑誌取材、ブツ撮り、ブライダルカメラマンのお手伝いなどをさせていただきながら陸上写真にも力を入れていくようになります。

そんな中、360°VRパノラマという写真表現の存在を知り、「これは絶対に水中でやってみたい!」と思い、まずは陸上の360°VRパノラマの勉強を始め、そして水中でもできるようになりました。

陸上での360°VRパノラマができるようになると、パノラマの仕事を多く頂けるようになりましたが、私が生まれ育った地元からの仕事もいただけるようになってきて、「いつかは地元で活動をしたい」という思いと、家族(子供)の成長(保育園)などのタイミングも重なって、2015年の春にようやく生まれ故郷に戻って、屋号を「F360」と改めて活動を開始して現在に至ります。

カメラは私の仕事である水中写真やパノラマ写真だけでなく、同じカメラを使って様々な表現ができます。

私も仕事以外でもいろいろな写真を撮って楽しんでいるので、今後はこのUdemyでもいろんなコースを作ってみたいと思っております。


【略歴】

1971年:山梨県富士吉田市生まれ

1994年:早稲田大学理工学部卒業

1994年:電力系の会社に就職(沖縄)

2001年:退職してフリーのダイビングインストラクターとして活動

2006年:沖縄にて「Gallery H」を設立し、水中カメラマンとして活動開始

2015年:山梨県富士吉田市に戻り、屋号を「F360」と変更


Ready to start learning?
Take This Course